大切な人に贈りたい、クロアチアの愛のモチーフ土産

楽しい反面、頭を悩ますお土産選び。クロアチアには大切な恋人や家族、友達に贈りたい「愛のモチーフ」であるとっておきのお土産があります。あなたの帰りを待ってくれているあの人へぜひ!

ザグレブの赤いハート「リツィタル」

リツィタル

ザグレブ土産の定番「リツィタル」


ひとつめは、「リツィタル」という赤いハートの形をした伝統的なジンジャークッキーで、ザグレブの定番のお土産です。クッキーといっても飾り用に加工されているものがほとんどで(食べられません)、クリスマスツリーの飾りや、大切な人への贈り物として人々に親しまれ続けています。

リツィタル

定番のハート型以外にも小鳥やたまご型のものなど、たくさんのデザインがある。

昔、ザグレブ周辺では男性が好きな女性のために愛の印として、ショウガやハチミツ入りのクッキー生地をハート型にくりぬいて焼き上げたものを贈る伝統的な習慣がありました。リツィタルにはハートの真ん中に小さな鏡がはめ込まれたものがありますが、これは「わたしのハートの中には、いつも貴女が映っています」というメッセージが込められているのだとか。女性が男性に……ではなく、男性が女性にハートを贈るといった点もとても興味深いですね。さすが情熱的なクロアチアの男性です! 定番の形はハート型ですが、イースターの時期になるとキノコやたまご、小鳥型など、色んな形のリツィタルを見かけるようになります。

ハート型のリツィタルは季節を問わず、ザグレブ市内のお土産屋さんはもちろんドゥブロヴニクなど主要観光都市のお土産屋さんや空港でも手に入ります。大きさによって値段が違いますが、ミニサイズのものならひとつ約10クーナ、手のひらサイズのもので約20クーナ~40クーナあたりで売られています。

 

大切なあの人のために、とっておきのネクタイを

クロアチアのネクタイ専門店「クロアタ(CROATA)」の店内。ネクタイ以外にも小物や女性用のスカーフなども販売されている。

クロアチアのネクタイ専門店「クロアタ(CROATA)」の店内。ネクタイ以外にも小物や女性用のスカーフなども販売されている。
 

もうひとつの「愛のシンボル」は、世界中のビジネスマンが毎日のように身につけているネクタイ。このネクタイの発祥地、実はクロアチアなのです!

昔、クロアチアでは夫や恋人など愛する人が無事に戻ってくるようにと女性たちが願いを込めて赤いスカーフを首に巻きつける習慣がありました。時を遡り17世紀、ヨーロッパでは30年戦争が始まりクロアチアの兵士たちもフランスの傭兵として戦地へ赴きました。そんなクロアチア人兵士の赤いスカーフに彩られた首元が、お洒落王としても有名なルイ14世の目にとまりました。

クロアタ

ネクタイ発祥の国でとっておきの1本を見つけてください!

「これはお洒落だ!」と思った王様は家来に「あれ(首元の赤いもの)はなんだ?」と聞きます。その時、質問された家来は王様が兵士のことを聞いているのだと勘違いし「あれ(兵士)はクラヴァッテ(クロアチア人)でございます。」と答えたそうです。さっそくルイ14世がそれを真似て首元にスカーフを巻くと、お洒落好きのパリの上流階級でそのスカーフはクラヴァテと呼ばれ、瞬く間に流行となりました。それが後にイギリスへと渡り、現在のネクタイの形となって世界中に広まったのです。

この逸話を証明するかのように、現在でもフランス語でネクタイはCravate(クラヴェッテ)、ドイツ語でもKrawatte(クラヴァッテ)と、ヨーロッパのいろんな言語でネクタイは「クラヴァッテ」といいます。

クロアチア国内で最も人気のあるネクタイショップは「CROATA(クロアタ)」というブランド。ザグレブの他にドゥブロヴニク、スプリットなど国内に十数店舗を展開し、その質の高さにも定評があります。値段はネクタイ一本450クーナから高いもので4000クーナ近いものまでと、幅広い値段設定とデザインを提供しています。ネクタイ以外にも小物や女性用のスカーフも販売されています。リツィタルと同様、クロアタのネクタイも空港で販売されていますが、やはり直営店舗の方が断然品揃えもいいので、ぜひ直接お店へ行かれることをおすすめします。

大切なひとへの「愛のシンボル」であるクロアチアのネクタイ。大切なあの人へのお土産に、とっておきの一本を是非いかがですか?

リツィタルやネクタイを渡す際は、ぜひこれらの逸話も一緒に語ってくださいね。

<DATA>
■CROATA(クロアタ)ザグレブ イリツァ通り店
住所:Ilica 5
TEL:+385 (1) 4812-726
営業時間:月~金曜8:00~20:00、土曜8:00~15:00
定休日:日曜

■CROATAドゥブロヴニク 旧市街店
住所:Pred dvorom 2
TEL:+385 (20) 638-330
営業時間:月~金曜9.00~16.00、土曜9.00~14.00
定休日:日曜
※但し、夏は毎日9:00~20:00頃まで営業
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。