さっぽろ雪まつり

北海道の冬のイベントと言えば、まず頭に浮かぶのはなんと言っても「さっぽろ雪まつり」でしょう。そもそもこの雪まつり、ルーツは1950年に札幌の中学生や高校生達によって大通公園に設置された6つの雪像がきっかけとなって始まったとのことですが、それ以来約60年、今や国内のみならず広く海外からも200万人を越える観光客を動員する冬の「超・ビッグイベント」となりました。
1

さっぽろ雪まつりには国の内外から多くの観光客が訪れる

このさっぽろ雪まつりのメインは、大通公園に設置される巨大な雪像群。2014年開催の第65回雪まつりは、台湾の国立故宮博物院やマレーシアのスルタン・アブドゥル・サマド・ビル、子供達に人気のポンキッキーズキャラ・ガチャピンとムック、また「愛」や「ウィンタースポーツ」をテーマにしたダイナミックな大雪像が作られ、その数は大通会場だけでも大小あわせて100基と、見応えも充分。
undefined

子供達に人気のガチャピンとムック

昼の雪像も圧巻ですが、おすすめは夜のライトアップされた雪像。音楽に合わせてカラフルにライトアップされる大雪像は、まるでテーマパークのアトラクション。ホットな「音と光」のライブ劇場と言えます。
undefined

カラフルにライトアップされたウィンタースポーツの大雪像

雪まつりの楽しみは、雪像見物だけではありません。大通の3丁目会場に設置された巨大なジャンプ台では、フリースタールスキーやスノーボードジャンプのパーフォーマンスがすぐ目の前で豪快に繰り広げられます。
undefined

特設ステージで豪快なジャンプを披露するボーダー

1丁目会場には屋外スケートリンク、またつどーむ会場(東区栄町885番地1)には大きな氷の滑り台が設置され、こちらは小さなお子さんも一緒に楽しめるゾーンとなっています。
4

つどーむ会場、雪の滑り台で遊ぶ子供達

そして2014年の第65回で最も人気を集めたのが、大雪像に映像を投影するプロジェクション・マッピング。何せ前年64回では大混雑で中止になったといういわくつきのイベント。今年こそ!と期待をした多くの観客が訪れ、極寒をものともせず素手でカメラやスマホを構える中、音楽に合わせて大雪像に極彩色の映像が映されていきました。
undefinedundefined

大雪像を彩るプロジェクション・マッピング

この超・人気イベント、プロジェクション・マッピングは2015年の第66回でも予定されているとのこと。次はどのようなワンダー映像を見せてくれるのか、今札幌っ子達の間でも熱い期待が高まっています。

さっぽろ雪まつり 開催概要
期間
2015年2月5日~11日
場所・時間
大通会場   早朝~(ライトアップは22:00まで)、
つどーむ会場 9:00~17:00、
すすきの会場 早朝~(ライトアップは23:00まで、最終日は22:00まで)
問合せ先
さっぽろ雪まつり実行委員会  011-281-6400
ホームページ
http://www.snowfes.com/