絶滅危惧種のスポーツモデルに救世主登場

今や我が国はスポーツモデルが絶滅危惧種になってしまった。現在購入出来る新しい世代のスポーツモデルと言えば、GT-Rを除きトヨタ86/スバルBRZくらい。フェアレディZもスバルWRXも三菱ランサーエボリューションもデビューからしばらく経っており、色あせ始めた感じ。
wrx sti

デトロイトモーターショーで初公開された新型『WRX STI』

そんな中、売れ行き絶好調中のスバルは、次期型WRXを昨年末に行われたLAショーで発表。さらにWRXの高性能版である『STI』をデトロイトショーでデビューさせてきた。久々の本格的スポーツモデルであり、クルマ好きにとって希望の星と言えるSTIの紹介をしてみたい。

まず車体だけれど、写真を御覧頂ければ解る通り、現行インプレッサの4ドアモデルをベースにしながら、フェンダーを55mm膨らませることにより1795mmという車幅になっている(現行モデルと同じ)。当初5ドアHBしか存在しなかった先代WRXと違い、次期型は4ドアに戻ります。

搭載されるエンジンはLAショーで発表されたWRXについちゃ現行レガシィと同じく新世代直噴エンジンの『FA20ターボ』で、最高出力268馬力と少し物足りないスペックだった。STIをどうするのかと思っていたら、長年使い続けている『EJ25ターボ』を搭載してきた。

最高出力305馬力と強力! 日本仕様のSTIについてのアナウンスはまったくされていないが、EJ型を搭載出来るのであれば、おそらく現行STIと同じ『EJ20ターボ』になると思う。このエンジン、WRCで鍛えられており、馬力だけでなくトルクも思い切り引き出せる。

「曲がる」性能ではポルシェ911にも匹敵

STIはニュルブルックリンク24時間耐久レースにも使われるため、耐久性の高いEJ20がベストチョイスだろう。EJ20を搭載してくれば、ラリーなどモータースポーツのベース車両として活用できます。アフターマーケットのパーツだって豊富。いろんな意味で良いニュースだと思う。
リア

シャシ性能は素晴らしく、コーナリング速度はポルシェ911といい勝負ができそう

素晴らしいのはシャシ性能。例えばハンドルを切った時のレスポンスの良さなど、フロントが軽いポルシェ911にこそ届かないが、FRスポーツモデルのTOPクラスとイーブン。コーナリング速度はポルシェ911とガチで勝負出来るという。「曲がる」性能の高さは大いに期待出来る。

その他、ステアリング系の剛性や、リアサスの剛性など高い評価を得ている現行STIの1.5倍~2倍にしたそうな。ハンドル握った途端、ガッシリしたクルマに感じることだろう。現行インプレッサのデビュー時より気合いが入っている感じ。スペックを聞いているだけでワクワクしてきます。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。