悲しい歴史の舞台を美しく彩るカイドウ~妙本寺

妙本寺のカイドウ

妙本寺のカイドウ

夷堂橋を渡ってまっすぐ進むと、杉木立の参道を経て、妙本寺に着きます。階段を上って、朱色の仁王門をくぐり、境内へ。

ここは、源頼朝に仕えた御家人で、頼朝の乳母も務めた比企一族が、北条氏に攻め滅ぼされた、悲劇の歴史が残る地。その菩提を弔うために、つくられたお寺です。

春、うつむき加減に咲くカイドウが、静かな境内を華やかなピンク色に彩ります。しっとりと咲く、サクラが美しく咲きます。鐘楼下の斜面には、粉雪が舞うように、シャガの白い花々が咲きます。

<DATA>
■妙本寺
住所: 鎌倉市大町1-15-1
アクセス: 鎌倉駅から徒歩約10分
地図


「レンバイ」には新鮮な鎌倉野菜がいっぱい!

鎌倉市農協連即売所

鎌倉市農協連即売所

妙本寺を出てまだ時間があったら小道を歩いて市場をのぞいてみましょう。門を出て、夷堂橋に戻ったら車道を海の方へ進み、鎌倉整形外科の角の道を入って小道歩き。分かれ道を右に進んで、そのまま直進すれば、鎌倉市農協連即売所に着きます。

地元の方には、「レンバイ」と呼ばれ親しまれている市場。新鮮な鎌倉産の野菜が並んでいます。地場の食材にこだわるレストランでは、この市場の野菜が使われることも多いんですよ。変わった野菜も売っているので、お土産に購入するのも楽しいですね。

<DATA>
■鎌倉市農協連即売所
住所: 鎌倉市小町1-13-10
アクセス: JR・江ノ電鎌倉駅東口から徒歩約7分
地図
ホームページ: http://www.city.kamakura.kanagawa.jp/nousui/brand/brand.html

鶴岡八幡宮~妙本寺散策地図

ここでご紹介するコースの地図

春の鎌倉散策、ちょっと趣のある静かな場所も訪れてみると、きっとすてきな発見があるはずです。ぜひ、お花見に出かけてみてくださいね。

 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。