大巧寺「おんめさま」の花咲く境内を抜けて

大巧寺境内に咲くシャガの花

大巧寺境内に咲くシャガの花

鎌倉駅の対面に位置する若宮大路沿いの書店と鎌倉生涯学習センターの建物の間に、「大巧寺」(だいぎょうじ)というお寺があります。この境内を通り抜けさせていただきましょう。安産祈願にご利益のあるお寺で、「おんめさま」ともいわれています。境内には、四季折々の花が咲いているので、春の花を愛でながら歩いていくことができます。


本覚寺の流れるようなしだれ桜

本覚寺のしだれ桜

本覚寺のしだれ桜

小町大路といわれる道に出たら、右折して進みます。右手にあるのは、本覚寺。

源頼朝が幕府を開く際、幕府の裏鬼門(南西)の方向に、守り神である夷(えびす)神をまつった場所につくられたお寺です。七福神のひとつ、夷様にお参りするのもいいですね。身延山の日蓮上人の遺骨が分骨されており、「東身延」とも呼ばれています。3月下旬には、本堂横にしだれ桜が美しく咲きます。

<DATA>
■本覚寺
住所: 鎌倉市小町1-12-12
アクセス: JR、江ノ電鎌倉駅東口から徒歩約5分
地図

旧市内で一番長い滑川

旧市内で一番長い滑川

本覚寺を同じ門から出たら、滑川(なめりがわ)にかかる夷堂橋(えびすどうばし)を渡りましょう。鎌倉の旧市内(三方を山で囲まれた内側)で最も長い、5.6kmの川。岩盤の上を水が滑るように流れることから、この川の名がつきました。