風水リフォームの決まりごとはいつ誰が考えたもの?

風水リフォームが、芸能界でブームになっているようです。最近ご結婚された市川海老蔵さんご夫妻の新居も、風水を取り入れたリフォームをされたとか。芸能の世界は縁起やげんかつぎを大切にしますから、風水が人気になるのもうなずけるところがあります。

この風水、トイレの掃除が大事とか、鏡がいいとか悪いとか、西に黄色とか北に黒とか、色々な決まり事があります。これはいつ誰が考え出したものなのでしょう?
風水で有名なのが、トイレをキレイにしておくと運がよくなるというもの。でもいつ誰が考え出したこと?

風水で有名なのが、トイレをキレイにしておくと運がよくなるというもの。でもいつ誰が考え出したこと?

風水は仙人になるための不動産情報だった!

風水は中国の長い歴史が生んだ学問で、仙道五術を根幹にしています。仙道五術とは、「山」 「医」 「命」 「卜」 「相」 の5つで、仙人になることを目的に考えられました。古代中国での仙人は、不老不死、空が飛べ、食事もとらず、動物と話ができるなどとされていました。

風水はこの中で 「卜」 に属し、本来は 「風水地理」 と呼ばれる古代中国で仙人の修行に向いた住環境を選ぶためのものでした。地球を大きな生き物と考え、その力を自分に取り込んで、仙人になろうと試みたのです。

しかし実際に仙人になれるはずもありません。近代の風水では、「仙人は無理だけれど、お金持ちや健康にはなれるかも。」 という庶民の願いがこめられたものへと変質し、様々な門派に別れ発展していきました。

風水リフォーム人気は手軽さと信心のたまもの?

現代の風水は、インテリアや身に付けるモノで幸運を呼ぶという趣旨のものが多く、カラー風水のように色に意味をあてはめて考えるものもあります。

玄関やトイレをキレイにすれば幸せになれるというような暮らしの知恵袋的なものから、明るい色使いにリフォームすれば元気が出るというような心理学的なもの、また占い的な要素まで、たくさんの種類があるのが現代の風水の特徴です。

気に入ったものだけ取り入れられるという手軽さと、信じるものは救われるという人々の願いが、風水インテリアや風水リフォームの人気を支えているのでしょう。

風水監修:村上瑞祥/Office Yuu

また下記で、手軽にできる風水リフォームをご紹介していますのであわせてご覧下さい。
■ 幸せを呼ぶ! 玄関やリビングのプチリフォーム技
■ 風水リフォームで呼ぶ! 60年に一度の大金運

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。