シンガポールの裏原的ストリート、ハジレーンでショッピング

説明画像

端から端まで歩いても10分ほどの小さなストリートにショップがギュッツと詰まっています

説明画像

見つけにくいので標識を目印に。ビーチロード側からも入れます

MRTブギスストリートから徒歩5分ほど。アラブ人街の象徴、サルタンモスクへと続くアラブストリートの1本裏手にあるのがハジレーン。シンガポールらしいショップハウスが建ち並ぶ細い裏通りながら、おしゃれなシンガポーリアンがショッピングを楽しんでいます。

日本でいうと裏原的な雰囲気でしょうか。若手のローカルアーティストによるショップやキッチュな雑貨のセレクトショップ、おしゃれな自転車店などもあり、歩いているだけでも楽しい。思い思いの格好をした若いシンガポーリアンの姿もおもしろい!

日本とはセレクトが違うので、個性的な一品を求めて、ショップ巡りをするのもいいですが、私のおすすめは、シンガポーリアン若手アーティストのウエアをチェックすること。シンガポールらしく、シンプル&スマートなものが好まれるようで、日本人が取り入れるにもハードルは高くありません。ユニークなデザインのものも見つかりますので、ぜひトライしてみて!

シンガポール女子で賑わう人気のセレクトショップ

説明画像

ノースブリッジロード側から入ってすぐのショップ

ハジレーンの中でも女子で賑わっていることで目立つショップのひとつがsoon lee。私もシンガポールに行くと必ずのぞくショップです。店内には、aijekやhanselといった人気のシンガポールブランドのウエアをはじめ、個性的なアクセサリーやシューズ、バックなどが揃っています。店員さんもすごくフレンドリーなので、色々とシンガポールのファッションの話を聞いてみるのも楽しいですよ。

 
説明画像

女子の好きなものが所狭しと並ぶ。シンガポーリアンに混ざってローカルショッピングを

シンガポーリアンアーティストのウエアは日本円にして1万~2万以上になるものもありますが、総じて値段は手ごろ。日本ではちょっとお目にかかれないユニークなデザインや生地づかいのものありますのでチェックしてみてくださいね。アクセサリーは特に個性的なものが多いので、まとめ買いするのもおすすめ。お土産にも喜ばれそうですね。

<DATA>
■soon lee
住所:73 Haji Lane
営業時間:12:00~21:00
定休日:なし

 

おしゃれな男子は要注目、ノーブルなブランドショップ

説明画像

ストリートのちょうど中心あたりにあるショップ。カップルでお買いものするシンガポーリアンの姿も

ハジレーンにショップを構えて5年目をむかえるブランドショップ。オーナーがデザインする、メンズウエアが揃っています。熱帯の国シンガポールでもだらしなくない、夏のおしゃれをしたい男子におすすめ。カラフルでキュートなハーフパンツや、シャツ、シューズなどがラインナップ。スーツに合わせられるシャツなどもありますよ。2階ではTANGERSというレディスブランドラインを展開。どちらも少し、ヨーロッパの香りがするウエアです。

<DATA>
■Ninos
住所:44 Haji Lane
営業時間:13:00~21:00
定休日:なし

■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。