シンガポール・沖縄 ガイド 稲嶺 恭子

いなみね きょうこ

大手出版社で情報誌編集に携わり、退社後シンガポールへ。現地日本人向け情報誌編集部を経て、帰国後は沖縄へ移住。シンガポール、沖縄での経験を生かして、2007年よりフリーランスの編集&ライターとして、主にアジアと沖縄をテーマとしたガイドブック・雑誌・書籍・ウエブ媒体などで活躍中。

活動実績

執筆ガイド記事本数123
メディア掲載実績1
執筆書籍数3

ガイドからの挨拶

こんにちは! シンガポールガイド/沖縄ガイドを担当させていただきます稲嶺恭子です。

●沖縄ガイドとして
 沖縄の海の美しさに、一瞬にして心を奪われてから17年。数えられないくらい沖縄を旅し続け、毎回「帰りたくない」と思っていた私は、不思議なご縁で沖縄へ嫁ぐことに。そして、気がつけばもう10年もこの地で暮らしながら沖縄を伝える仕事を続けています。今でも、初めて感じた沖縄への素直な感動を忘れたことはありません。
 世界で一番美しい海とダイナミックな自然。独特の色合いや風情のあるていねいな手仕事、心も体も癒してくれる島ごはん、そして温かく逞しい島の人々…。沖縄には、ここにしかない魅力がたくさん詰まっていて、心ふるえる瞬間にたくさん出会えます。今、あなたに魅せたい沖縄を、余すことなく伝えるサイトを目指します。

●シンガポールガイドとして
 1994年の初海外旅行地としてシンガポールを訪れてから、この国の魅力にはまってしまい、2002~2003年には、ついにシンガポールに在住。学生と地元日本人向け情報誌の編集者という二足のわらじを履きながら、シンガポール生活を満喫してきました。今でもシンガポールは私の愛すべき、第二の故郷だと思っています。
 近代的な最新スポットと、アジア的カオスが混ざり合い、グルメも観光も、遊びも大胆なサプライズがそこらじゅうに散らばっているシンガポールは、今アジアで最も注目の国。最旬スポットからローカルグルメに、シンガポールの文化まで。旅人目線で、「気になるシンガポール」をとことんガイドするサイトを目指していきます。

メディア掲載実績

雑誌OZ magazine TRIP
一生、心に残るコトが待っています 島の旅へ 沖縄の離島
2017年06月28日

ガイドの新着記事

  • シンガポール名物、ペーパーチキンの名店ヒルマン

    シンガポール名物、ペーパーチキンの名店ヒルマン

    シンガポールの名物料理、ペーパーチキンの名店として知られるヒルマンは、ローカルはもちろん、在住日本人にも大人気のチャイニーズレストラン。世界的に有名なシェフに、ミシュランの3つ星に相当すると言わしめた逸品をご紹介します。

    掲載日:2018年02月11日シンガポール
  • 那覇「第一牧志公設市場」の歩き方 お土産選びにも!

    那覇「第一牧志公設市場」の歩き方 お土産選びにも!

    那覇の観光スポットとして広く知られている「那覇市第一牧志公設市場」。アジアの市場を彷彿とさせる濃厚な空間を、じっくり歩いてみませんか。2階には食堂があり、1階ではお土産にもOKな沖縄ならではの食材も並んでいます。おさえておきたいおすすめスポットをピックアップしてご紹介。

    掲載日:2018年01月04日那覇の観光・旅行