チャンギ空港は世界で最も「ラウンジ」が充実

 
チャンギ,ラウンジ,プラザプレミアム

チャンギ空港のターミナル1にある「プラザ・プレミアム・ラウンジ」は窓から滑走路が見え、高級感ある雰囲気。フードやドリンクも豊富です。


東南アジア最大の空港、シンガポール国際空港(チャンギ空港)。シンガポール空港の拠点(ハブ)空港でもあります。現在、2017年秋に供用開始したターミナル4を含め、4つのターミナルがあります。

それぞれのターミナルには、航空会社などが運営する「ラウンジ」があり、それぞれシャワーや仮眠スペース、休憩ができる設備があります。

ラウンジの利用資格はそれぞれ異なります。ANAやJALの便で利用する場合、利用料金、乗り継ぎ専用ホテル、世界中のラウンジが利用できる「プライオリティパス」やダイナースクラブカードの利用なども含め、チャンギ空港の主なラウンジをご紹介します。 なお、ターミナル1、2、3は出国後エリア内での移動も可能です。

■・・・プライオリティパスでも利用可 ※滞在3時間以内
□・・・ダイナースクラブカードで利用できるラウンジ
◆・・・航空会社が運営するラウンジ
   

JALの便が出発する「ターミナル1」

 
チャンギ,ラウンジ,SATS

「SATS プレミア・ラウンジ」はチャンギ空港のターミナル1にもあり、ターミナル2などとほぼ同様のサービスを提供しています


羽田と成田からの直行便を運航するJALが利用するのは「ターミナル1」です。その他、日本から乗り継ぎでシンガポールに行くのに便利な中国国際航空やタイ国際航空のほか、カンタス航空、LCCのジェットスター・アジア航空などもターミナル1の発着です。

■□Dnata ラウンジ
JALが指定するラウンジです(ビジネスクラス以上の利用、またはワンワールドサファイア以上)。オーストラリアの有名ブランド「Hudsons Coffee」が提供され、専属のコーヒーバリスタによるサービスもあります(時間限定)
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク、Wi-Fi
【営業時間】24時間
【利用料金】50シンガポールドルなど

■□プラザ・プレミアム・ラウンジ
窓から滑走路や飛行機が見えるラウンジです。時間帯によってチキンライスなどシンガポールの地元フードを提供しています。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク(アルコール一部無料)、Wi-Fi
【営業時間】24時間
【利用料金】5時間58シンガポールドル、シャワーのみ16シンガポールドル(ドリンク含む)など

PLAZA PREMIUM LOUNGE

■□SATS プレミア・ラウンジ
航空会社ラウンジが並ぶエリアにあるラウンジ。ラクサなどシンガポールならではの地元料理もブッフェに並んでいます。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク(アルコール一部無料)、Wi-Fi
【営業時間】24時間

その他、魚が古い角質を食べてくれるフィッシュスパがある「エアポート・ウェルネス・オアシス」をはじめ、タイ国際航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、カンタス航空、エミレーツ航空のラウンジもあります。ワンワールドサファイア以上の資格があれば、ブリティッシュ・エアウェイズとカンタス航空のラウンジも利用できます。
 

ANAの便が出発する「ターミナル2」

チャンギ,ラウンジ,シルバークリス

シンガポール航空「シルバークリス・ラウンジ」。スターアライアンスなどの航空会社でビジネスクラス以上などで利用できます


ターミナル2は、ANAやシンガポール航空の一部をはじめ、アシアナ航空、マレーシア航空などが利用するターミナルです。

◆シンガポール航空 – シルバークリス・ラウンジ
高級感あってくつろげるリビングルームをはじめ、世界各地の料理が並ぶダイニングルーム、ビジネス利用で便利な個人用スペース、シャワールームもあります。ANAダイヤモンドサービス会員はファーストクラスラウンジの利用が可能です。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク(アルコール含む)、バーテンダーサービス、Wi-Fi
【営業時間】ファーストクラスラウンジ5時~23時59分、ビジネスクラスラウンジ24時間
★利用資格・・・シンガポール航空ほか提携航空会社の便で、ビジネスクラスラウンジはビジネスクラス以上、ファーストクラスラウンジはファーストクラス利用時

◆シンガポール航空 – クリスフライヤー・ゴールド・ラウンジ
シルバークリス・ラウンジの手前に位置するシンガポール航空のもう1つのラウンジ。シャワーがないので注意。
【主な設備】軽食・ドリンク、Wi-Fi
【営業時間】24時間
★利用資格・・・シンガポール航空および提携航空会社で「スターアライアンスゴールドメンバー」がエコノミークラスを利用する場合。シンガポール航空のクリスフライヤー・エリート・ゴールド会員、ANAのプラチナサービス会員、SFC(スーパーフライヤーズカード)会員など

■□SATS プレミア・ラウンジ
他のターミナルと同様、SATS直営のラウンジ。ラクサなどシンガポールのローカルフードが並ぶ軽食コーナーなどが充実しています。なお、ANAの便でプレミアムエコノミークラスを利用する場合はこのラウンジが利用できます。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク(アルコール一部無料)、Wi-Fi
【営業時間】24時間
 
チャンギ,SATS,ラウンジ,ラクサ

「SATS プレミア・ラウンジ」ではシンガポールのローカルフード「ラクサ」が食べられます


■□アンバサダー・トランジット・ラウンジ
中2階にあって、ひまわりが咲く「Sunflower Garden」に隣接して位置しています。系列の乗り継ぎホテルも近くにあります。アルコール飲料をはじめ、マッサージや美容・理容サービス、仮眠ルーム(ベッド)、スポーツジムなどの利用は有料です。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク、Wi-Fi、ベッド、美容・理容、仮眠ルーム(ベッド、スポーツジム
【営業時間】24時間
【利用料金】3時間50シンガポールドル、シャワーのみ16シンガポールドル、仮眠ルーム3時間41.20シンガポールドル(追加料金で延長可)、スポーツジム28.25シンガポールドル~
 
チャンギ,ラウンジ,アンバサダー

「アンバサダー・トランジット・ラウンジ」はシャワーはもちろん、仮眠ルームやスポーツジムなども利用できます(有料)


■□TGM
他のラウンジと異なるスタイルの日本料理と韓国料理のレストラン。プライオリティパスなどの場合、時間帯によってメニューから和食を含む定食が選べたり、バイキング形式の食事だったりします。アルコール飲料は有料です。
【主な設備】軽食・ドリンク、Wi-Fi
【営業時間】6時~翌1時
 

シンガポール航空の日本路線が発着する「ターミナル3」

チャンギ,ラウンジ,HAVEN

チャンギ空港で唯一、一般エリアにあるラウンジ「The Haven」。出発時だけでなく到着時も利用できます


ターミナル3は、シンガポール航空の日本路線をはじめ、チャイナエアライン、中国東方航空、エバー航空などの便が発着します

◆シンガポール航空 – シルバークリス・ラウンジ
ターミナル2同様、リビングルーム、ダイニングルーム、個人用スペースなど。シャワーあり。ファーストクラスラウンジはありませんが、ファーストクラス相当で利用できる「ザ・プライベート・ルーム」が併設されています。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク、バーテンダーサービス、Wi-Fi
【営業時間】24時間、ザ・プライベート・ルームは2時30分~5時30分を除く時間帯
★利用資格・・・シンガポール航空の便でビジネスクラス以上、またはそれ相当のステータス。ザ・プライベート・ルームはファーストクラス、またはそれ相当のステータス保有

◆シンガポール航空 – クリスフライヤー・ゴールド・ラウンジ
ターミナル2同様、エコノミークラス利用のスターアライアンスゴールド会員相当が利用できるシンガポール航空が運営するラウンジです。シャワーがない場合もあります。
【主な設備】軽食・ドリンク、Wi-Fi
【営業時間】24時間
★利用資格・・・シンガポール航空および提携航空会社で「スターアライアンスゴールドメンバー」がエコノミークラスを利用する場合。シンガポール航空のクリスフライヤー・エリート・ゴールド会員など

■□Dnata ラウンジ
大きな窓から滑走路が見える、明るい雰囲気の開放感あるラウンジです。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク、Wi-Fi
【営業時間】24時間
【利用料金】50シンガポールドルなど

■□アンバサダー・トランジット・ラウンジ
中2階にあり、アンバサダー・トランジット・ホテルや映画館の近くにあるラウンジです。アルコール飲料は有料、朝6時から24時までの提供です。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク、Wi-Fi、仮眠ルーム
【営業時間】24時間
【利用料金】3時間50シンガポールドル、シャワーのみ16シンガポールドル、仮眠ルーム3時間41.20シンガポールドル(追加料金で延長可)

■□SATS プレミア・ラウンジ
航空会社ラウンジがある階に位置しています。スマートカジュアルの服装ルールがあります。
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク(アルコール一部無料)、Wi-Fi
【営業時間】24時間

■□The Haven by JetQuay(一般エリア)
唯一、一般エリアにあるラウンジ。到着口を出て右手にあります。マクドナルドの近くです。アルコール飲料は有料。仮眠もできます(有料、公式サイトやホテル予約サイトなどから事前予約可)
【主な設備】シャワー、軽食・ドリンク、Wi-Fi
【営業時間】24時間
【利用料金】2時間35.31シンガポールドル~、シャワーのみ利用16.48シンガポールドル~ ※22時から10時まで別料金

THE HAVEN
 

2017年10月から供用開始「ターミナル4」にあるラウンジ

2017年10月31日から供用開始したターミナル4。キャセイパシフィック航空、大韓航空、ベトナム航空、エアアジア、セブパシフィック航空、春秋航空の便が発着します。

◆キャセイパシフィック航空 – Cathay Pacific Lounge
キャセイパシフィック航空の搭乗でビジネスクラス以上、またJALの上級会員(ワンワールドサファイア以上)であれば利用できます。シンガポールのラクサなどを提供する「ヌードルバー」もあります。シャワーがないので注意しましょう。
【主な設備】軽食・ドリンク(アルコール一部無料)、Wi-Fi
【営業時間】4時~翌1時
★利用資格・・・キャセイパシフィック航空のビジネスクラス以上、ワンワールドサファイア以上またはそれ相当のステータス保有

■Blossom – SATS & プラザ・プレミアム・ラウンジ
ターミナル4で唯一、プライオリティパスで利用できる新しいラウンジです。全280席、シャワー設備や仮眠できるスペースもあります。
【主な設備】シャワー、仮眠、軽食・ドリンク(アルコール一部無料)、Wi-Fi、喫煙コーナーあり
【営業時間】24時間
【利用料金】58シンガポールドル、シャワーのみ16シンガポールドル(タオルなど含む)、仮眠ルーム3時間41シンガポールドル
 

乗り継ぎ専用「トランジットホテル」もある

 
チャンギ,トランジット,ホテル

チャンギ空港のターミナル2にある乗り継ぎ専用の宿泊施設「アンバサダー・トランジット・ホテル」。サービスも充実しています


チャンギ空港には、シンガポールに入国せずにそのまま出国する搭乗客が利用できる「アンバサダー・トランジット・ホテル」がターミナル2とターミナル3に、「アエロテル・エアポート・トランジット・ホテル」がターミナル1にあります。数時間の仮眠にも利用できます。

「アンバサダー・トランジット・ホテル」は、以下の公式サイトのほか、ホテル予約サイトから事前予約が可能。客室が空いていれば当日利用もできます。利用料金は、シングルルーム1部屋6時間で100シンガポールドル~。12時間利用、ダブルルームやトリプルルーム、滞在時間の追加なども有料で可能です。水のペットボトルやバスアメニティなどは料金に含まれています。

Ambassador Transit Hotel

「アエロテル・エアポート・トランジット・ホテル」も同様に制限区域内にあり、搭乗ゲートもすぐ。屋外スイミングプール、プールサイドバー、フィットネスセンター、図書館なども併設しています。利用料金はシングルルーム6時間55シンガポールドル~で、1時間ごとの追加で20シンガポールドル。MサイズやLサイズ、ツインルームやファミリールームもあります。バスルームは共用です。

Aerotel Airport Transit Hotel
 

チャンギ空港のラウンジをお得に活用する方法!? クレジットカードに注目

 
チャンギ,ラウンジ

チャンギ空港のターミナル内にはラウンジの場所が案内表示で出ています。日本語表記もあります


チャンギ空港では、特に、世界の空港ラウンジ1000ヵ所以上で使える「プライオリティパス」で利用できるラウンジがとても充実しています。プライオリティパスの会員プランは年会費99ドル(利用料金27ドル)、249ドル(10回まで無料、その後1回につき27ドル)など。

クレジットカードにプライオリティパスが無料で付帯している場合もあります。主なクレジットカードは、楽天プレミアムカード、JCBプラチナ、JALアメリカン・エクスプレス・カード プラチナなど。プライオリティパスだけを購入するよりもお得なことが多いです。

一部のラウンジは事前予約も可能です。ただし、アルコール飲料は0時~6時の間は提供されません。
 
チャンギ,ラウンジ,シャワー

1年を通して暑いシンガポールではシャワーが重宝します。ラウンジでのシャワーの有無は事前にぜひチェックしましょう(写真はTHE HAVEN)


また、ダイナースクラブカードを所有していれば、無料で利用できるラウンジがいくつかあります。その他のクレジットカードでもプラチナなど上級カードであれば利用できることもあるので、クレジットカード各社のホームページやコールセンターなどで事前に確認しましょう。

※記事の内容は2018年2月現在の情報です

【関連リンク】
Changi Airport (英語)
プライオリティパス(日本語)
 

関連記事

シンガポールの交通・空港からのアクセス
チャンギ空港ターミナル3でショッピング!
チャンギ空港でシンガポールの伝統的な朝食ナシレマを
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。