シンガポールの朝の定番、甘くて優しい味のカヤトースト

カヤトースト

サクサクのトーストの他に、フレンチトーストなどのメニューもある。写真はヤクン・カヤトーストのカヤトーストセット4.2シンガポールドル

シンガポールの朝食の定番と言えば、カヤトースト。カヤトーストとは、卵とココナッツミルク、パンダンリーフ、砂糖から作られるカヤジャムを、カリカリに焼いた薄切りのパンに塗り、薄くスライスしたバターをサンドしたもの。これを、ジュクジュクの温泉卵に浸しながら食べます。ドリンクはコピと呼ばれる、コンデンスミルク入りの甘いコーヒーがベスト。口触りはカスタードクリームより少しざらっとした感じながら、なめらかな甘みのあるカヤジャムは優しい味わいで、まさに南国の朝にぴったりの一品です。

カヤトーストをシンガポール中に広めた老舗
ヤクン・カヤトースト

カヤトーストをシンガポール国内に広めたと言われるのが、ヤクン・カヤトースト。創始者のロイ・ヤクンがラオパサフードセンターの一角で始めたこの店のカヤトーストは、瞬く間にシンガポール中で話題となり、どんどん店舗を増やしていきました。現在ではシンガポールに30店舗以上、海外にも店舗を展開するほど。

熟練の職人が作るというカヤジャムは、どこの店のカヤジャムよりまろやかなのが特徴的。職人さんがひとつづつ焼き加減を見ているトーストも絶妙のサクサク加減で、ヤクンのカヤトーストは唯一無二の逸品。カヤトーストと言えば、ヤクン。といっても過言ではないと思います。ジャムは販売もされているのでお土産にもおすすめですね。

ヤクン

チャンギ国際空港のターミナル3にある店舗。旅の最後はカヤトーストでしめる?

オーチャードや空港はもちろん、国内の至る場所に店舗があるので、滞在中に近くの店舗でぜひシンガポールテイストの朝食を楽しんでみてください。

<DATA>
Ya kun Kaya Toastオーチャードセントラル店
住所:181Orchard Rd. #05-33
TEL:6884-9552(+65)
営業時間:9:30~19:00(土・日・祝は~19:30)
アクセス:MRTサマセット駅から徒歩5分