無料Wi-Fiの使い方:スタバやカフェネロのWiSpotter

スタバ

トルコでも全国展開のスタバはグローバルでWi-Fi環境が整う

一方で、ドルックネット(Doruk Net)という会社がWiSpotterという無料Wi-Fiサービスを展開しており、スターバックス、カフェネロ、カリブーカフェ、そしてトルコオリジナルのカフェで全国展開しているカフヴェ・ドゥンヤス、オシャレレストラングループドアーズなどはここと契約を結んでいます。このWiSpotterはフェイスブックのアカウントを利用してすぐに登録・利用ができるようになっており、接続するのに表示されるサイトも英語表記がまず出てくるので安心です。

i-pad

DorukNet_WiSpotterを選択

【1】まずは設定のWi-Fiネットワークの中から「DorukNet_WiSpotter」を選びます。

 

i-pad

規約に同意します、というサイン

【2】フェイスブックからの接続か、個人的にフォームに記入をしてユーザーネーム登録をしてからの接続かを選びます。どちらにしても、無料。ここではフェイスブックバージョンを紹介します。まずは一番下の“Internet Service Agreement”をポチして同意するのを忘れないでください。

 

i-pad

これがOKじゃないと先に進めない

【3】WiSpotterがフェイスブックの情報を受け取る、というページではOKをポチ。

 

i-pad例

この画面は後でもう一度出てくるけれども、やはり必要ないと思っているなら「スキップ」を

【4】WiSpotterが自分に代わって投稿する許可を求めて来た場合は、嫌ならスキップをポチしましょう。

 

i-pad例

Doruk Netによると、海外の携帯電話番号でも登録可能とのこと

【5】ログイン画面が出てきますので、ここに自分の携帯電話番号を入れます。トルコは国番号が90なので、90が最初から入っていますが、日本の携帯であれば国番号81を入れ、頭のゼロを取り除いた携帯番号を記入します。Captchaの欄では、上に出ている数字を下に記入し、Send Appr. Codeをポチ。

 

i-pad例

日本の携帯電話だとちょっと時間がかかるかも

【6】しばらくすると自分の携帯にこのようなコードが送られてくるので、この番号を記入します。

 

i-pad例

とうとう接続!

【7】無事、Doruk Netの無料Wi-Fiに接続! “Continue”を押して続けます。

 

WiSpotterのサイトはこちらです(トルコ語)>>>WiSpotter

ホテルの場合

ソクルルパシャホテル

多くの場合、フロントでチェックインする際にWi-Fiについても説明してくれる

トルコのホテルは、地方であってもほとんどの場合宿泊者に無料Wi-Fiが提供されています。ユーザー名と暗証番号が自分の名前と部屋番号になっていたり、ホテル独自の暗証番号を教えてもらった上で利用、という場合がほとんどで、どんなに小さなホテルでも大体インターネットサービスがあります。

ただ、ヒルトンホテルとシェラトンホテルは宿泊者であっても無料ネットサービスは提供しておらず、希望により料金を支払った上でネット利用が可能、というシステムです。

問題は、前述の通りトルコのネット環境は日本のそれほど優れていないので、速度が遅かったり途中で切れたりすることがよくあることです。例えばゲジ公園デモの時には多くの若者がタキシムで一斉にソーシャルネットワークを使っていたため、タキシム地区全体でネットがつながりにくくなっていました。もし、仕事の関係でどうしても強力なネット環境が必要な場合は、5つ星ホテルやレベルの高いビジネスホテルなどを利用する方が無難かもしれません(例えばタキシムの場合、ザ・マルマラホテルやポイントホテルのネット環境が優れていました)。

トルコのホテル事情記事についてはこちら>>>トルコのホテル事情


■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。