知っておきたい、トルコのホテル事情

Tomtom Suites

イメージの中のトルコとは趣の異なるモダン・ホテルが急増中(©Tomtom Suites)

観光大国トルコでは、増え続ける観光客と経済成長の影響で、特に高級クラスのホテルが増えてきています。また、これまでトルコはホテル設備やアメニティがイマイチな「ホテル発展途上国」だったトルコですが、このところ快適さやお洒落さを追求するホテルも急増。ここでは、そんなトルコのホテル事情を紹介します。

トルコのホテルのアメニティ

ホテルスリッパ

使い捨てなので安心して使えるスリッパ

ちょっと前まで、トルコのホテルはどんなに高級でもアメニティについてはイマイチ充実していないことが多かったのですが、近年、ホテル業界の発展と共にアメニティも豊富になってきました。

例えば、その一番いい例が使い捨てスリッパ。かつては5つ星ホテルでも置いてあることはほとんどなかったのに、今では小さなブティックホテルでさえ揃えているところがあるほど普及してきています。また、電気ポットとティーバッグのセットを各部屋に置いているホテルも徐々に増えてきました(それでも、まだまだ少ないのが現状)。

 

Pera Pa;ace Hotel

イスタンブールの5つ星ホテルの平均的アメニティ

ただ、それでも日本のホテルのような充実ぶりにはまだまだ届かない部分が……。シャンプーやリンスはあまり質が良くないところが多く、5つ星でも歯ブラシセットがないところがほとんど。浴衣やパジャマなんて問題外です。トルコを旅行する場合には、ホテルに何でも揃っていると思わず、できる限り持参することを心がけましょう。

逆に、エーゲ海沿岸のオリーブの産地にあるホテルには純粋オリーブ石鹸が置いてあったり、イスタンブールにはシャワールームならぬハマムルームが部屋についていたりと、トルコ独自の特典があるホテルも。宿泊する際に「ないと困る」ものは自分で持って行きつつ、こうしたトルコ的なポイントもホテル探しの参考にすると楽しいかも。

 

バスタブ、シャワーなど要確認ポイント!

MiaPera

イスタンブールのホテルだと、このようにシャワーブースのみの場合がほとんど

ちなみにトルコのホテルにはバスタブがある部屋が少ないので要注意です。特にイスタンブールの中心地にあるホテルだと、最高級ホテルであってもバスタブがある部屋の数はとても少ないもの。全くバスタブがないホテルや、あってもスイートにのみ設けているホテルがほとんどなので、ホテル選びの際には必ず確認が必要です。

一方、地中海やエーゲ海沿いの小さなペンションなどは太陽エネルギーを利用しているところが多く、天気の悪い日が続いていたり満室の日などになると、シャワーのお湯の出が極端に悪くなることも。こうした地域でのペンション選びでは、暖かいお湯がきちんと出るかどうかを確認することが大切です。

Mia Pera

トルコのホテルには数が少ないツインルーム

この他、トルコのホテルを予約の際に確認が必要なのがベッド。海外のホテルの多くがそうであるように、トルコでもカップルや夫婦が2人部屋をとる場合、ダブルベッドが基本。もしツインを希望するのであれば、別途確認が必要でしょう。部屋によっては変更不可の場合もあります。