トルコのホテルのシーズン

Bodrum

海沿いのリゾート地は真夏がハイシーズン

基本的に夏がトルコのハイシーズン。ただし、イスタンブールの中心部やトルコ内陸部の都市では最も暑い7・8月の価格はやや低めで、その前後、特に4~6月頃がピークになります。逆に地中海・エーゲ海沿岸のホテルは7・8月がもっとも高く、冬の期間はオープンしないホテルもあります。

ここ数年、イスタンブールやカッパドキアでは基本的にホテルが足りない状況が続いています。特にイスタンブールは観光以外にも学会やフェアが盛んに行われるため、そういう時期に重なるとホテルの部屋をとること自体が至難の業。春や秋の旅行の際は早めにホテルを押さえておきましょう。また、ヨーロッパ観光客が多く訪れるイスタンブールではイースター(4月24日)のようなヨーロッパ特有の祝日にもホテルが混みあうので要注意です。

イスタンブールのお勧めホテル記事はこちら>>>イスタンブールのホテル

トルコのホテルのジャンル

Ciragan PalaceundefinedHotel

トルコの最高級ホテル、チュラーンパレスホテルケンピンスキーイスタンブール(©Ciragan Palace Kempinski Istanbul)

トルコでもホテルのレベルが1~5つ星といったグレードによって決められています。ただし、このクラス分けは各都市によって様々なので、例えばホテル競争が激しいイスタンブールの5つ星ホテルと地方都市の5つ星ホテルとでは天と地ほどの差が。このため、実際のところトルコのホテルについて星の数はあまりあてにならないのが現状です。

Palazzo Donizetti

イスタンブール・ペラ地区に残るアールヌーボー建築を利用したブティックホテルが増えています(©Palazzo Donizetti)

また5つ星ホテルの条件には、部屋数の多さや屋内・外プールの有無なども含まれているため、素敵なホテルだけど規模が小さく屋内プールがないとなれば、5つ星ホテルではなくなるわけです。

このため、屋内プールなどは備えていないけれども昔から残る歴史的建造物をリノベーションして作った、快適なプチホテルなどが最近「ブティックホテル」として増えてきています。イスタンブールでは新市街タキシムのペラ地区、地方ではボドルムを中心とした地中海沿岸にお洒落でかわいいブティックホテルが多くあります。


 
Argos

ちょっと高めでも、絶対お勧めの洞窟ホテル(©Argos In Cappadocia)

カッパドキアで急増しているのは、「洞窟ホテル」。これはカッパドキア特有の、あの景観を作り出している「スポンジ岩」に穴を掘って住居として使われていたところをホテルに改造したもの。ビザンティンやオスマン時代から残っているところが多く、中にはルーム時代から残るレンガ造りの家屋を修復した部屋も含まれていることが。これらは雰囲気も抜群なのでおススメですが、カッパドキアという地方都市にしては価格が高く、周辺の5つ星ホテルよりもレベルが上です。

 

Kadioglu

サフランボルには素朴なトルコ式家屋のホテルが点在

カッパドキア以外にも、その土地に昔から残る古い建物を修復してつくられたホテルがある町があります。例えばサフランボルのトルコ式家屋も有名で、この他マルディンやシャンルウルファといった南東地方にも少ないながら独特のホテルがあります。

地中海沿岸には巨大リゾートホテルが多くあります。これらは部屋数が多い、子どもを預けられる施設や巨大プール、そしていくつものレストランがホテル施設内にあるなど、ホテルそのものが一つの町のように機能しているところが多く、特にヨーロッパ人観光客に人気。一度ホテルに入ると、一週間ぐらいホテル内から出ることなく楽しめるファミリータイプです。