PCファイルを手のひらに

パソコンにあるファイルを、移動中にスマートフォンで確認したいというときがあります。ファイルをメールに添付して自分宛に送る、クラウドストレージからダウンロードするという方法もありますが、ファイルサイズが大きいと時間がかかってしまいます。そのようなときには、iTunesを使って直接アプリに送ってみましょう。

パソコンのファイルを表示できるアプリとして、アップル純正のPagesNumbersKeynote以外にも、多くのアプリが配信されています。今回はGoodReader for iPhoneという有料アプリを例に紹介します。GoodReaderはMicrosoft Officeファイルを始め、PDF、写真、動画など、パソコンで使う多くのファイル形式に対応しており、コメントの書き込みなどもできる優れたアプリです。iOS 7では動作がやや不安定ですが、バグ修正に期待したくなるほどの優良アプリです。


ファイルをコピーする

まずは、パソコンとiOS機器をつなげます。そして、iTunesを起動して右上にある機器名をクリックします。
[iPhone]をクリック

[iPhone]をクリック


iOS機器との同期設定画面が表示されるので、上にある[App]をクリックします。画面を下にスクロールすると[ファイル共有]という項目があります。ここでファイルのコピーを行います。
[App]をクリックして下にスクロール

[App]をクリックして下にスクロール


iOS機器内でファイルコピーに対応しているアプリがあると、そのアプリの一覧が表示されます。今回は[GoodReader]をクリックして[GoodReaderの書類]という欄にPDFファイルをドラッグします。
[GoodReader]をクリックして[GoodReaderの書類]にPDFファイルをドラッグ

[GoodReader]をクリックして[GoodReaderの書類]にPDFファイルをドラッグ


これで、PDFファイルがGoodReaderアプリにコピーできます。iOS機器でGoodReaderを起動すると、確かにPDFファイルがコピーされています(PDFファイルはオールアバウトのプレスリリース「All About 家電AWARD 2013」より)
(左)PDFファイル名をタップ。(右)PDFファイルが表示

(左)PDFファイル名をタップ。(右)PDFファイルが表示


さらに、アプリ内でファイルを編集したあとは、パソコンに移動させることもできます。iTunesの同じ画面で[GoodReaderの書類]にあるファイルをiTunesの画面外にドラッグすると、パソコンにファイルを移動できます。
ファイルをデスクトップなどにドラッグして、ファイルを移動

ファイルをデスクトップなどにドラッグして、ファイルを移動



スマートフォンの可能性を広げるファイルコピー

スマートフォンとパソコンの違いのひとつは、移動中でもさくっと取り出せるかどうかでしょう。その点を考えると、電車内などでスマートフォンでファイルを確認、コメントをつけてからパソコンに戻して修正作業という流れにすると、仕事をスムーズに進めることができますよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。