ギリシャ風ドーナツ、ルクマデスで有名なアテネの老舗お菓子屋さん

k4

ギリシャ風ドーナツ、ルクマデス

ギリシャ風のドーナツ、ルクマデスは家庭でもよくつくられ、レストランでも食後のスイーツにあったり、お祭りやイベントでは屋台でも売られているのを見かけるポピュラーなおやつ。真ん中に穴が開いているドーナツ型の場合もありますが、たいてい小ぶりで丸い形をしています。モチモチした食感で、揚げたてのアツアツにハチミツとシナモンをかけていただくのが定番。甘いもの好きな方なら、ギリシャを旅する際、ぜひ味わってほしいおすすめのお菓子です。

私のお気に入りの味は、アテネ都心にあるルクマデス専門のお菓子屋さん「クティスタキス」のルクマデスです。1912年にセオドロス・クティスタキスさんがクレタ島のハニアで創業した老舗。1951年に2代目がアテネにやってきてハニア風の伝統的なルクマデスの店としてオモニア広場の近くにオープンしました。

k1

「クティスタキス」の店内で食べても、持ち帰りもOK

当時は国立劇場の近く、現在の店舗とは少し離れた場所のアギウ・コンスタンディヌ通りにありました。評判の有名店だったので、私の周囲でも「クティスタキス」といえば、その場所にあったと記憶しているギリシャ人も多いようです。1997年、創業者の孫がお店を継ぎ、約100mほど離れた現在の場所に移転しました。

昔からの固定客が足繁く通い続けており、3代に渡って買いにきているというお客さんも多いそうです。国立劇場に出演している俳優さんたちが、舞台の前、エネルギー補給に立ち寄ってさっと食べて行ったりもするそうです。

 

外側はカリッと、内側からジュワっとハチミツのシロップが広がる

ここのルクマデスの特徴といえば、他と比べて小ぶりです。揚げたてにハチミツとシナモンがかかっているタイプがよくある定番のルクマデスですが、ここのは外側がかなりカリカリで、中からジュワ~とハチミツのシロップが口の中に広がるタイプです。シナモンとゴマがたっぷりかかっていて、ついついもう一個……と後引きの美味しさです。

k3

10個前後で3.30ユーロ

小さなお店ですが、店内にテーブルも幾つかあり、お店で食べることもできますし、持ち帰りもOKです。スケールで量り売りのスタイルで、重さに応じたサイズの異なる箱がたくさん用意されています。一番小さいサイズは10個前後入っていて3.30ユーロ。キロ単位で買っていく人もけっこういて、1キロだとだいたい60個くらいで18ユーロだそうです。ハーフキロで9ユーロです。

ギリシャの伝統的なお菓子は甘すぎる!と感じてしまうものがけっこうあるのですが、ルクマデスは強烈な甘さではなく、マイルドな甘さで食感も含めて日本人の口にも合うと思います。街歩きでちょっとお腹が空いた時に、美味しいギリシャ風ドーナツ、ルクマデスをぜひお試しください。

 

<DATA>
k2

「クティスタキス」の外観

■ΚΤΙΣΤΑΚΗΣ (クティスタキス)
住所:59 Sokratous Street, Omonia
TEL:210-5240891
営業時間:月~金曜 9:00~21:00、土曜 10:00~21:00 日曜 11:00~21:00
定休日:復活祭(毎年変動)の日曜日から10月1日までの日曜は定休


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。