「Nシリーズ」本命のN-WGNがついに登場!

ホンダN-WGNフロント7:3

N-WGNは、標準車と写真のCustomを設定。両者にNAとターボエンジンを用意する。価格帯は113万1000円~163万円

2012年に最も売れた軽自動車はホンダN BOXだったが、その「Nシリーズ」の第4弾となるN-WGNがデビューした。

N BOXは容積系、N BOX+は積載性に特化、N ONEは走り重視となるとN-WGNの軽ハイトワゴン系は、スズキ・ワゴンRが道を拓き、ダイハツ・ムーヴが猛追した「軽の王道」といえるクラス。

ライバルより開放感は上

ホンダN-WGNリヤ

全長3395×全幅1475×全高1655mmで、ライバルよりも背が高いのが特徴。リヤゲートにナンパープレートを配置することで上質感をアピール

全長3395×全幅1475mmは軽自動車枠を目一杯使うのは当然として、N-WGNの全高1655mmは、ワゴンRよりも15mm、ムーヴよりも35mmも高い数値だ。

これにホンダ自慢のパテントであるセンタータンクレイアウトによる低床設計を採用と来ているから、乗るとスーパーハイト系のスペーシアやタントには及ばないものの、十分な開放感を味わえる。

ラインナップは、標準の「N-WGN」とドレスアップ系の「N-WGN Custom」で、58ps/65NmのNAと64ps/104Nmのターボをそれぞれに設定している。

次ページは、使い勝手について