運命の人を見分けるには?

運命の人とはどんな人か

運命の人とはどんな人か

どうせ付き合うなら、運命の人がいい! そう思うのは、誰でも同じこと。でも、どうやったら運命の人を見分けられるのか? 今回は、そんな視点から恋愛の秘密をひも解いていきます。今あなたの好きな人、もしくは付き合っている人は運命の人なのか。果たしてどちらか、このコラムを読み終わる頃には明らかになっているでしょう。

運命の人とは

そもそも、運命の人とはどんな人でしょう。一般的な定義としては「出会った瞬間にこの人が運命の人だ!と分かる人」とか「生涯一緒にいてもドキドキする人」という形でしょう。しかし、目の前の人が運命の人だと感じても、その後に「そうでもなかったな……」と思うことはありませんか?

また、生涯一緒にいてもドキドキするというのは脳科学的にも矛盾するので、ある種の正しい定義としては異なるものになります。となると、果たしてどういった人が運命の人ということが言えるのでしょうか。

ソウルメイトは運命の人か

結婚相談所に勤めていた時に、私自身も「運命の人を見分けるにはどうすれば良いのか」ということで悩んでいました。そこで、運命の人という言葉をソウルメイトという言葉に置き換えてみました。

古今東西の恋愛に関する本を読む中で、ソウルメイトという言葉がどうも運命の人の定義に当てはまると感じたからです。しかし、ソウルメイトという言葉の定義もまた、調べていくうちに曖昧なものだと分かってきました。

そもそも、ソウルメイトというのは人生を共にする仲間のこと。前世からの縁などを強調している本もありましたが、日常生活において前世からの縁を判断することは難しいでしょう。しかし、人生を共にする仲間という定義であれば、話は別です。

なぜなら、仮に別れたとしても一度交際した相手であれば、短期間だとしても人生を共にしています。であれば、ソウルメイトと呼ぶにはふさわしい相手と言えるでしょう。