片付けに費やす時間と手間、部屋の収納事情、家族の協力関係など、片付けの環境は人それぞれに違います。でも、大事なことは自分の状況を理解して、片付けやすい条件を見つけていくこと。片付けと上手に付き合っていけるようになりましょう。


1.つい出しっ放し

「どうせまた使うから」と、鍋や食器、靴などが出しっ放しになりがち。気付けば家中が雑然としているというケースは、片付かない悩みの中でも特に多いパターンです。

「引き出しや戸棚にしまうと、いちいち出し入れするのが面倒になる」。その理由は分からないでもありません。繰り返し使うモノであれば、むしろしまわないというのも良い解決法です。ただし、無雑作に放置するのではなく、場所を決めて適切な方法で整理しておきましょう。
100均グッズの活用

100円ショップのA4トレイ、フックを使って今すぐ解決

調理道具なら壁に吊るす、ツールポットに差しておく。ふだん使いの食器は収納ケースにひとまとめにする。靴は爪先を揃えて並べる、ラックを使って数足置けるようにする。こういった手間の数の少ないしまい方にして、出しっ放しを予防します。

次の、「どうにも止まらない」パターンもありがちです。