理工系、医歯薬系学部の評価が高い大阪大学

Times紙が発表している『The Times Higher Education Supplement(THES)』は、「2008年度世界大学ランキング」と銘打ち、高等教育と研究成果で世界の大学200位までをランク付けしている。一つの尺度として参考になるこのランキング、日本の大学は以下のようになっている(括弧内は2007年度)。

1.東京大学 19位(17位)
2.京都大学 25位(25位)
3.大阪大学 44位(46位)
4.東京工業大学 61位(90位)
5.東北大学 112位(102位)
6.名古屋大学 120位(112位)
7.九州大学 158位(136位)
8.北海道大学 174位(151位)
9.早稲田大学 180位(180位)
10.神戸大学 199位(197位)

私立有名大と比べて、国公立大の研究力は圧倒的だと言えるだろう。大阪大学は受験生、特に理工系、医歯薬系志望の受験生に大きな人気があるのもうなずける。特に医学部の臓器移植や、培養などの先進的な分野でのリーダーシップは素晴らしいものがある。1999年3月、日本で初めて大阪大医学部が、心臓の臓器移植を成功させたことは記憶に新しい。