iPad mini Retina(以降、iPad mini)の登場で、7から8インチサイズのタブレットの購入を検討している方にとっては、どれを買うのがベストなのか悩ましいはずです。

そこで、iPad miniとNexus 7をピックアップして、どのような違いがあるのか比較し、どちらが自分に合ったタブレットなのかを検証していきます。
iPad mini RetinaとNexus 7

iPad mini RetinaとNexus 7

 

できることは変わらない?

いきなり結論めいた書き出しですが、iPad miniもNexus 7もできることに大差はありません。

アプリ数はiPad miniが圧倒していますが、FacebookやTwitterは同じように楽しめますし、Webページも同じように閲覧できます。また、写真を撮影したり、「Hulu」や「Gyao!」で動画を楽しめるのも変わりありません。

iPad miniの方が先行することはありますが、多くのアプリが両プラットフォーム向けにリリースされています。決定的な違いが出るのは、音楽など特定の分野のみです。よって、一般的な使い方であれば、「デザインが好きだから」、「安いから」、「Macを使っているから」、「Googleが好きだから」という理由で、どちらかの端末を選んでも後悔することはありません。どちらともすばらしい完成度を誇っています。

とは言え、Wi-Fiモデルだと、iPad miniは4万1900円から、Nexus 7は2万7800円からと、安い買い物ではありません。十分に納得して、購入したいという方や、違いや特色を把握したうえで購入したいという方も多いはずなので、いくつかの切り口を設けて比較していきます。

次のページでは、アプリを比較します。