デジタルカメラの登場

一眼レフカメラは世界中で大流行して、とうとうライカもレンジファインダーカメラだけでなく、一眼レフを製品化することになりました。ニコンやキヤノン、ペンタックス、オリンパス、ミノルタなどの一眼レフが世界で認知されるブランドに成長しました。こうしてフィルムカメラの世界は、交換レンズが使える一眼レフと小さくてズームレンズを搭載したコンパクトカメラの二分化が進みました。

そこに登場したのがデジタルカメラです。フィルムの替わりに光を感じるセンサー(撮像素子)が画像を電気信号に変換してデータとして記録するという画期的な方法で写真が保存できます。まずフィルムが必要ないのでカメラが薄くなります。さらにファインダーもいらなくなりました。なぜなら、センサーで変換された電気信号をカメラ背面の液晶モニターに映し出せばよいからです。一眼レフが苦労して手に入れた、視野率100%、パララックスなし、正確なピント合わせ、ボケの確認、レンズ交換対応が簡単に実現されました。

デジカメのセンサーが高性能化されると、このセンサーをフィルム用の一眼レフカメラに搭載して、従来の交換レンズを使ってデジタル写真を撮りたいという要望が生まれ、プロ用デジタル一眼レフが製品化されました。当時はボディだけで300万円もする高額商品! デジタル一眼レフが普及して、一般的な価格になると、液晶モニターのデメリットが浮き彫りになりました。明るい所では反射して見にくい。手を伸ばして撮影するためカメラがブレやすい。画面の隅々が見にくく撮影に集中できないなどなど。そこで開発されたのが光学ファインダーに替わるEVF(電子ビューファインダー)です。

説明イラスト

コンパクトデジタルカメラは大きな液晶モニターを搭載することで、撮影前と撮影後の画像の確認ができるようになった



ミラーレスデジカメが遂に登場!

デジタルカメラの世界は、レンズ交換ができる一眼レフと小型軽量でズームレンズを搭載したコンパクトデジカメに二分化されると思われましたが、大きくてかさばる一眼レフのミラーとプリズムを取り除いて、レンズ交換ができるタイプ、つまりミラーレスデジカメが登場しました。せっかくミラーなしでも写真が撮れるのにフィルム時代の一眼レフに合わせたセンサーを入れるのは不合理と考えた、パナソニックとオリンパスが、デジタル時代に合わせたセンサーとして提唱したのが、フォーサーズと呼ばれるフィルムの面積よりも小さなサイズのセンサーの規格です。フォーサーズならカメラだけでなくレンズも小型軽量化できます。

こうしてレンズ交換に対応したフォーサーズデジカメが生まれ、これらの機種をミラーレスと呼ぶことになりました。その後、カメラのマウントをさらに小型化したマイクロフォーサーズが生まれ、他社からはフィルムサイズと同じフルサイズ、少し小さめのAPS-Cサイズのセンサーを使ったミラーレスも発売されました。さらにニコンは独自の1型センサーを採用したミラーレスを発売。高性能化されたEVF内蔵ミラーレスも製品化されました。

EVFには一眼レフのファインダーが実現できなかった、ホワイトバランス、色合い、実際のボケ具合、明るさ、コントラストなどをリアルタイムにモニターできるメリットがあり、さらに顔認識をしたり、アスペクト比を変更したり、画面内に撮影情報や水準器、グリッド(格子)なども表示できます。こうしてミラーレスは、一眼レフに迫る、またある部分では一眼レフを超える性能を発揮して、毎年確実に売上を伸ばす人気ジャンルとして成長を続けています。

説明イラスト

EVF内蔵のミラーレスは一眼レフと同じ操作性を備えながら、大幅に小型軽量化を果たしている。またセンサーサイズにもよるがレンズも小型化されている



一眼レフカメラのメリットは、何よりそのクリアーで美しいファインダーの見え方そのものであり、キレイな写真が撮れるかどうかとは別問題になっています。以前はAFの速度や精度、タイムラグ、センサーサイズで一眼レフにメリットがありましたが、現在では、それもほぼ解消され、EVFや液晶モニターに違和感を感じなければ、一眼レフとミラーレスを同じ土俵に上げて比較検討することをお薦めします。ミラーレス一眼という呼び方は、一眼レフのレフを取り除いて、レンズ交換ができることをアピールするための言い方のようです。デジタルカメラは基本的に一眼なので、特に一眼を付けることに意味はないと私は思います。

次のページで高精細EVF内蔵ミラーレスカメラを紹介します。