「紫雲膏」はどんな人・どんな症状にいいの?

imege

赤紫色の正体は、古代は染料にも用いられていたムラサキの根である紫根

炎症性(急性)の皮膚炎、やけど、外傷に適しています。

「紫雲膏」の効果

ひび、あかぎれ、湿疹、しもやけ、あせも、魚の目、ただれ、外傷、やけど、虫刺されなどに。痔、わきが、水虫、脱肛などにも応用できます。

「紫雲膏」に入っているもの

紫根(ムラサキの根。硬紫根)、当帰(セリ科の根)、ゴマ油、蜜ロウ、豚脂。

「紫雲膏」が合わない人

分泌物が多くて化膿していたり、年月が経っている患部には不向きです。なお、赤紫色をしているので(すぐに皮膚に吸収されますが)、塗布した直後には衣服や別の箇所につかないよう、気をつけるといいでしょう。豚の脂が配合されているため、独特なにおいがしますが、気にならない人も多いようです。

「紫雲膏」の副作用

体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質など場合、不快な症状や副作用が出る場合があります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

「紫雲膏」が買える場所

漢方薬局や病院、診療所、ドラッグストアなどです。
代表的な発売元:(アイウエオ順)

ウチダ和漢薬、クラシエ薬品、小太郎漢方製薬、松浦漢方、山本漢方製薬など。

「紫雲膏」に配合されている生薬の効能

解熱、殺菌、消炎作用のある紫根と、血行促進、鎮痛、潤肌作用のある当帰の成分を、ゴマ油、蜜ロウ、豚脂とあわせて作った軟膏です。とくに紫根は肉芽形成作用を促すとされ、傷口の治りを早めて肌をなめらかにする効果が期待できます。

「紫雲膏」のおまけのエピソード

世界で初めて乳がんに全身麻酔を用いた華岡青州という外科医が、「潤肌膏」に豚油を加えて作ったものが紫雲膏です。つまりこの軟膏は日本生まれの漢方といえます。このように日本でアレンジされた漢方薬でメジャーなものもありますが、手作りできる漢方というのもひとつの魅力です。

美しい発色や酸化しにくい良質な軟膏を作るにはコツがあるので、作り方はここでは省略しますが、興味のある方はネットで調べるといろいろ出てくるので、チャレンジしてみてもいいかもしれません。

ちなみに、やけどや切り傷の絶えない我が家には、皮膚炎の万能薬として常備しています。漢方ガイドの欲目もありますが、すぐに患部に擦り込めば跡も残りにくいので、美容の面でもオススメですよ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項