姓名判断の画数(字画)を気にするかしないかは個人の自由

願いをこめてつけた子供の名前が、姓名判断の画数(字画)占いで最悪なことを知り……

願いをこめてつけた子供の名前が、姓名判断の画数(字画)占いで最悪なことを知り……

:子供には色々な世界を見て、視野を広げてほしいと願い、英語でも日本語でも通じる名前に、自分たちの好きな漢字を当てはめて付けました。
最近になって何となく姓名判断のサイトを見ていて、子供の名前を入力したら、最悪なことが分かりました。流派によって、吉凶が違うことは知っていましたが、あらゆるサイトで凶数・最凶数と書かれていて、今さらながら気になってしまいました。「この画数は名付けには使わないほうが良いでしょう」と書いてあるものまでありました。そんな画数もあるのですか?

A:名づけの際に「姓名判断の画数(字画)を気にした方がいいのですか」というご質問はよくありますし、お子さんに名前をつけた後も「占いで悪く言われて不安です。どうすればいいでしょうか」と相談にくる方も少なくありません。

しかしながら、姓名判断の占いをする・しないは、個人の自由意思で決めることですので、他人に聞いて正解を得られるものではありません。画数(字画)を気にするかしないかは、占いに従って気分よく名づけができる人は、そういう方法で子供の名前を決めたら良いでしょう。

ただ「画数(字画)を合わせなさい」などと他人から占いを強要されるのはおかしなことですし、ご自分が占いによって気分が悪くなるなら、姓名判断以外の方法で名づけをした方がいいでしょう。ご質問のケースは、初めから占いに従わずに、ご自分の好みの響きと文字で作る方法を選んだわけですから、付けたあとで占いの話をもちこんではならないのです。

 

「画数(字画)占い」は娯楽の一種だが、楽しいことばかりではない

「画数(字画)を合わせようとすると好きな名前がつけられない」「字画を合わせたのに占い師にひどいことを言われた」などと不満を述べる人もいます。しかし字画占いに興味を持つかどうかは個人の自由です。

世の中の名づけ専門の研究家は「画数(字画)占い」を娯楽、ゲームの一種とみています。娯楽はもちろん世の中に必要なものですが、楽しいことばかりではありません。勝負に負けて悔しくて眠れなかったり、お金をすってしまって無一文になることもあります。

占いも、良いことを言ってもらえば楽しいでしょうが、悪いことを言われれば気分が落ち込むこともあります。神社のおみくじと違って、占いは不吉な言葉にふれることも多く、人生を真っ暗に感じてしまう人も出てくるのです。占いに興味をもった以上、それも仕方のないことかもしれません。ただ、あまりに不安でどうにもならないという場合は、次のことを知っておかれるとよいでしょう。

 

名前の画数の吉凶は? 字画占いと統計上の根拠

まず、名前の画数(字画)占いに統計上の根拠は無いということです。しかも流派が何十もあって、同じ氏名が大吉になったり、大凶になったり、様々な判断が出ます。つまり一般論が無い、ということ。最初から字画のいい名前、悪い名前が世の中に存在するのではなく、流派を決めて初めて吉凶の分類が出るということなのです。

そもそも一度つけた名前は変えられませんし、どんな名前をつけようがどこかの流派で悪く言われますから、占いでどう言われたかという話にはあまり意味がないのです。

 

関連記事

姓名判断に従った赤ちゃんの名前、占い結果は当たるのか?
名前が姓名判断で大凶だった場合どうするべきか?
姓名判断で好きな字と字画の両立は難しい?
名前で運命は変わる?姓名判断が悪い時の対処法
姓名判断の占いの結果が流派により違うのは何故か?
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。