好きな字と字画の両立は難しい

Q: 子どもの名付けに「蘭」の字を使いたいのですが、画数が19、21、22、23と本やサイトによってバラバラです。どれで判断すればいいのでしょうか?
占う場合はまず流派を決めて!

占う場合はまず流派を決めて!

A: まずは姓名判断の流派を決めて!けれど好きな字と字画の両立は難しい

まず知っていただきたいのは、たくさんの名づけの方法の中で、「姓名判断という占いに従って名づけをする場合にだけ、文字の画数を数える」ということです。他の名づけをする時は、文字の画数など関係はありません。

好きな字(たとえば蘭)を使って名前を作ることと、占いに従って名字と字画を合わせる事は(使える字は限られる)、はじめから両立しにくいことといえます。なので「好きな字を使って字画もよくしたい」と欲張ると混乱を起こします。

「絶対に蘭の字を使う」と決めているなら、占いの本やサイトを見ても意味はありません。逆に占いに従いたいのであれば、まず流派を決めないと字の画数も決まりません。どの流派に従うにしても、なかなか使いたい字は自由に使えなくなるという覚悟はいります。

文字の画数というのは、専門家が作った正規の辞典では違うことはめったにありませんが、名づけの本やwebサイトでは内容が占いであることも多く、占い流派の違いからマチマチの画数が書かれる事もあるわけです。


姓名判断をするには、まず占いの流派をきめること

このように文字の画数が、本やサイトで違うのために戸惑う人も多いのですが、これは占いの流派の違いによっておこることなのです。

流派が違えば、文字の画数の決め方だけではなく、字画を出すときの足し算方法、どんな字画がどんな意味をもつのか、あらゆることが違ってきます。

つまり「文字の画数」だけをとりあげて、どれが正しいかと悩むことは意味がなく、とにかくまず「占いの流派」を決めなければならないのです。流派が決まれば、文字の画数、字画の出し方、解釈などすべてが自然に決まります。

なお「どの流派が良いのですか?」といったご質問もよくありますが、これは品物を選ぶのと違い、占いの流派にどれが良い、悪いというランクはつけられません。ご自分で決めるしかないのです。

「自分のことを占ってみて、よく当たっている流派を選ぼう」と言う人もいますが、その場合は名づけの本を何十冊も読まなければならず、名づけをしているのか占いをしているのかわからなくなる、という心配もあります。

また「自分の考えている名前が良く書いてある流派にしよう」という人もいます。それも賢明かもしれませんが、ただそうであれば、わざわざたくさんの占いの本を読みあさる必要もないでしょう。どんな名前もどこかの流派で良くなり、どこかの流派で悪く言われますから、字画を気にしようがしまいが結果は同じだ、と割り切ってしまえばよいことです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。