男の子の漢字一文字の名前は、読み方と性別イメージに注意を

男の子にオススメな漢字1文字の名前とは?

男の子にオススメな漢字一文字の名前とは?かっこいいおしゃれな名前をつけましょう。

漢字一文字の名付け方から、男の子の漢字一文字の名前ランキング、季節を表す名前や二音・三音の名付け例などをご紹介します。

男の子に漢字一文字の名付けは、1930年~1960年頃、半ば常識のように流行しました。しかし、あまりに古風な名では、本人が嫌がることがあります。また漢字一文字の名前には、男女間違えやすいものがあることにも注意しましょう(今回ご紹介する名付け例についても、男女両方に使われる名、説明の困難な字、読み方の非常に多い名は省いてあります)。
 

漢字一文字の名前の付け方

私たちが日常使う漢字はほとんど名付けに使えますから、漢字一字の名前にしたい場合は、漢和辞典から好きな漢字をいくつか選び出すという手順を踏みましょう。

好きな漢字を選ぶとき、その漢字の「音」「訓」「名乗り」の三種類の読み方を見て、名前に使えそうな読み方を書き取っておきましょう。「名乗り」を載せていない場合もあるので、できるだけ載せている辞典を使って下さい。辞典によっては「人名」と書いてある場合もあります。

そして候補がいくつか出たら、次のことを吟味しながら絞っていくといいでしょう。
  • あまりにたくさんの読み方がある字、読み方の難しい字は避ける
  • 男女両方の読み方がある名前は除く
たとえば「光」という漢字一字名前の場合、コウと読めば男の子、ヒカリと読めば女の子の名であり、ヒカルと読んだら男女両方にある名前になり、性別が分かりづらいのです。
 

男の子の漢字一文字の名前ランキングトップ30

順位 名前 読み方
1 いつき、たつき
2 しょう
3 みなと、そう
4 れん
5 しん、あらた
6 りく
7 駿 しゅん
8 そう
9 よう、あきら
10 つばさ
11 しゅう
12 あゆむ
13 わたる、こう
14 はやと、しゅん
15 たくみ
16 ひとし、じん
17 まこと
18 けん、たけし、たける
19 たくみ、こう
20 そう
21 けい
22 げん、はじめ
23 りょう
24 かい、かじ
25 がく、たかし
26 げん、はじめ
27 たすく
28 しん、まこと
29 すばる
30 こう

※ガイド牧野の名付け相談にこらえた方の2015年~2019年の集計です。
 

季節を感じさせる男の子の漢字一文字の名前

■春
新(しん/あらた)・憲(けん)

■夏
涼(りょう)・昊(こう)・壮(そう/たけし)

■秋
駿(しゅん)・駆(かける)・実(みのる)・稔(みのる)・穣(みのる/ゆたか)・豊(ゆたか)・篤(あつし)

■冬
柊(しゅう)・聖(あきら/さとし/さとる)・元(げん/はじめ)・新(しん/あらた)
 

海をイメージする男の子の漢字一文字名前

湊(みなと/そう)・航(わたる/こう)・櫂(かい/かじ)・海(かい)・洋(ひろし)・渡(わたる)・潮(うしお)・舷(げん)・舵(かじ)
 

空、鳥をイメージする男の子の漢字一文字名前

翔(しょう)・隼(はやと、しゅん)・翼(つばさ)・昴(すばる)・宙(ひろし)・天(たかし)・皓(こう/ひろし)・晴(せい/きよし)
 

月、星、太陽をイメージする男の子の漢字一文字名前

明(あきら)・惺(せい/さとし)・晶(あきら)・朗(あきら)・暁(あきら)・晄(こう/あきら)・晃(あきら/こう)・昇(のぼる/しょう)・陽(よう/あきら)・晟(せい)・晨(しん)・昭(あきら)
 

大地や山をイメージする男の子の漢字一文字名前

陸(りく)・岳(がく/たかし)・峻(しゅん/たかし)・嵩(しゅう/たかし)・隆(たかし)・崇(たかし)・登(のぼる)・陵(りょう)・仙(せん、たかし)
 

植物をイメージする男の子の漢字一文字名前

樹(いつき、たつき)・柊(しゅう)・傑(すぐる/たけし)・柑(かん)・莞(かん)・繁(しげる)・茂(しげる)
 

二音の男の子の漢字一文字名前

颯(そう)・創(そう)・快(かい)・朔(さく)・慶(けい)・弦(げん)・貫(かん)・慎(しん)・煌(こう)・開(かい)・源(げん)・真(しん)・研(けん)・凱(がい)・伸(しん)・堅(けん)・耕(こう)・拳(けん)・絃(げん)
 

三音の男の子の漢字一文字名前

泰(やすし)・響(ひびき)・彰(あきら)・誠(まこと)・徹(とおる)・匠(たくみ)・忠(ただし)・輔(たすく)・諭(さとし)・巽(たつみ)・肇(はじめ)・一(はじめ)・弘(ひろし)・進(すすむ)・治(おさむ)・守(まもる)・裕(ゆたか/ひろし)・充(みつる)・護(まもる)・透(とおる)・敦(あつし/つとむ)・譲(ゆずる)・努(つとむ)・慈(しげる)・直(ただし)・仁(ひとし)・巧(たくみ)・渉(わたる)・昌(まさる)・亘(わたる)・謙(ゆずる)・清(きよし)・満(みつる)・孝(たかし)・貴(たかし)・澄(きよし)・通(とおる)・尊(たかし)・丞(たすく)・基(はじめ)
 

和風・古風な男の子の漢字一文字名前

笙(しょう)・吟(あきら)・禅(ぜん)・紘(こう、ひろし)・史(ふひと)・京(きょう/たかし)・靖(やすし)・頌(しょう)・寧(やすし)
 

強く丈夫なイメージの男の子の漢字一文字名前

健(けん、たけし)・豪(ごう/すぐる/たけし/つよし)・丈(たけし/じょう)・力(りき/ちから)・龍(りゅう/りょう)・竜(りゅう/りょう)・拓(たく/ひろし)・康(こう/やすし)・剛(つよし/たけし/ごう/たかし)・勇(いさむ)・毅(たけし/つよし)・武(たけし)・強(つよし)・勝(まさる)・猛(たけし)
 

明瞭・聡明なイメージの男の子の漢字一文字名前

諒(りょう)・爽(そう/あきら)・景(あきら)・祥(しょう/あきら)・瑛(あきら)・輝(あきら)・章(あきら)・彪(ひょう)・彬(あきら)

聡(そう、さとし)・俊(しゅん)・理(ただし、おさむ)・学(がく、まなぶ)・賢(けん、さとし、すぐる、まさる)・博(ひろし)・覚(さとし、さとる)・悟(さとる)・哲(てつ、さとし)・勉(つとむ)・智(さとし)・知(さとし、あきら)
 

大きい、広い、高い、伸びるイメージの男の子の漢字一文字の名前

亮(りょう)・大(だい/ひろし/まさる)・周(しゅう/ひろし)・壮(そう/たけし)・竣(しゅん)・将(すすむ/ただし/しょう/たすく)・秀(しゅう)・卓(たく/すぐる/たかし/まさる)・広(ひろし)・建(けん/たけし/たつる)・尚(しょう/たかし/ひさし)・浩(ひろし)・太(ふとし)・寛(ひろし)
 

続くというイメージ男の子の漢字一文字の名前

修(しゅう/おさむ)・僚(りょう)・寿(やすし/ひろし/ひさし)・恒(こう)・功(こう/いさお)・克(すぐる/まさる)・保(たもつ)・弥(ひさし/わたる)・瞭(りょう)
 

珍しい男の子の漢字一文字の名前

然(ぜん)・逞(たくま)・極(きわむ)・耀(あきら)・至(いたる)・珀(はく)・資(たすく)・迅(じん)・鋭(さとし)・領(りょう)・総(そう)・錠(じょう)・芯(しん)・想(そう)・生(せい/すすむ)・節(たかし/まこと)・街(がい)・壱(いち/はじめ)・成(しげる)・考(こう)・斎(いつき)・舜(しゅん)・階(かい)・在(あきら/みつる)・賛(あきら/たすく)・城(じょう)・詔(しょう)・舶(はく)・築(きずく)・平(たいら)・湘(しょう)・全(ぜん)・宗(しゅう/そう)・道(おさむ/わたる・ただし)
 

その他の男の子の漢字一文字の名前

稜(りょう)・玄(げん/はじめ)・洸(こう/ひろし)・琉(りゅう)・良(りょう)・善(ぜん/ただし)・信(しん/まこと)・凌(りょう)・衛(えい/まもる)・匡(たすく/ただし/まさし)・恭(ただし/やすし)・工(こう/たくみ)
 

男女を間違えやすい名前・その他注意すべき名

漢字一文字の名前でよく問題になるのは、男女間違えやすい名前があること、そしてそのことに気付かずにつけてしまうケースがあることです。それは次のような例です。
  • ……昔は「マサシ」と読む男性の名でしたが、今は「ミヤビ」と読んで女の子に多くつけられます。
  • ……昔は「マサル」と読む男性が多かったのですが、最近はほとんど「ユウ」と読む女の子の名です。
  • ……「コウ」と読むと男の子、「ヒカリ」と読むと女の子の名前です。
  • ……「アオイ」と読みます。10年ほど前までは女の子の名前でしたが、最近は男女ともにつけられています。
  • ……基本的に「のぞみ」と読む女の子の名でしたが、最近は「のぞむ」と読ませて男の子にもつけられます。つまり漢字を見ただけだと男女不明の名前になっています。
  • レイ……伝統的に女の子で「礼」「玲」「伶」「麗」などの字が書かれていましたが、最近は「玲(れい)」「怜(れい)」などの男の子の名前も増えていて、「れい」という名そのものが男女わかりにくい名になっています。
  • ……伝統的に「あゆみ」と読む女の子の名でしたが、最近では「あゆむ」と読む男の子の名前が多くなっています。もちろん言うまでもなく、これはラグビーの五郎丸選手の影響です。
  • ……「キョウ」と読めば男の子の名、「ミヤコ」と読めば女の子の名です。
  • ……肩書をつけると、「モト」と読まれる可能性もあります。有名な例では中谷元防衛大臣で、現役の時から引退したように見えた名前です。
  • 港・平……氏名全体が地名のように見えることもあります。

ただし男女両方に使われる名、説明の困難な字、読み方の非常に多い名は省いてあります。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。