α7本体。約2430万画素の35mmフルサイズ"Exmor"CMOSセンサーを搭載。

α7本体。約2430万画素の35mmフルサイズ"Exmor"CMOSセンサーを搭載。


ソニーから画期的なカメラが発売されました。「誰も作らなかったカメラ」というキャッチコピーで発売された「α7R」と「α7」です。いろいろな意味で画期的なレンズ交換式デジタル一眼カメラですが、筆者が注目している点は、大きく分けて2点になります。


その1:本体のサイズ

一つは本体のサイズです。「α7R」と「α7」は、35ミリフルサイズセンサー搭載していますが、従来のフルサイズセンサー搭載のカメラはどうしても本体が大きく重くなっていました。APS-Cやフォーサイズのセンサー搭載のカメラと比較して、日常ユースのカメラとしては、大きなデメリットとなっていました。しかし、「α7R」は約407gと35ミリフルサイズセンサー搭載レンズ交換式デジタル一眼カメラとして、世界最小・最軽量となっています(2013年11月15日の発売時点)。「α7」は約416gとなっています。ミラーレスカメラと比較すると重めですが、APS-Cカメラと比較すると、APS-Cのハイスペックマシンより軽いだけでなく、ミドルマシンよりも軽量になっているという、今までの常識を覆す仕様になっています。


その2:価格

もう一点は価格です。フルサイズ一眼レフは、デジタルカメラの中でも、各メーカーの最高峰モデルとなるため、価格も高価な機種が多くなっています。しかし、今回の「α7R」は約22万前後、「α7」は約15万前後と、フルサイズ一眼レフとして破格の値段に設定されています。ミドルクラスのAPS-C一眼レフの価格にて、フルサイズ一眼レフが入手が可能になっています。

その他、機能も充実しています。約3640万画素の光学ローパスフィルターレス仕様(α7Rのみ)、NFC、Wi-Fiによるワイヤレス転送、瞳AF機能、電子先幕シャッター(α7のみ)、位相差検出方式とコントラスト検出方式のファストハイブリッドAF(α7のみ)、など、多くの機能を搭載しています。

ただし、悩ましい点もあります。

次のページでは、「α7R」と「α7」の惜しい点を紹介します。