多彩な広がりを見せるスウェーデンのお土産

訪れたその土地ならではのお土産を買うというのは、旅行の醍醐味であり楽しみのひとつ。スウェーデンには、長く厳しい冬の歴史から生まれた手工芸品や民芸品、北欧らしい最新のデザインまでバラエティ豊かなお土産があります。自分用や親しい人に贈りたいこだわりお土産、大勢の人に配りやすそうなバラマキ土産まで、様々なお土産を紹介していきます。

*スウェーデンクローネは2015年8月現在、1クローネ14円台で推移。

スウェーデンの工芸品の代表、ダーラ馬

dalahast

スウェーデンを代表する工芸品のお土産、ダーラ馬

ダーラ馬(Dalahäst)と呼ばれるこの工芸品は、スウェーデンを代表するお土産として外すことはできません。スウェーデンを訪れて、この馬を見ないということはないくらい、様々なところにスウェーデンのマスコット的な存在でその風格を醸し出しています。このダーラ馬の歴史は古く、1600年代に遡ります。スウェーデンのダーラナ地方で家具などを作成した残りの木で子どものおもちゃにでも……と作り始めたのがきっかけでした。

ダーラナ地方には鉱山や銅山があり、その昔から馬は人々の生活に深く関わってきました。そんな人々の生活に欠かせなかった馬を手彫りでほり、きれいな赤や青、白で塗り、この地方独特の模様「クルビッツ」をほどこしたのがこのダーラ馬です。木彫りのダーラ馬は、スウェーデン国内どこででも手に入り、値段は大きさによって変わってきます。10センチメートルのダーラ馬は200クローネ前後、15センチメートルになると300クローネ前後します。また、マグネットになっているものや紙のナフキンまで、ダーラ馬をデザインした様々な商品がありますので、そちらもお見逃しなく!

スウェーデンの木工品の代表、バターナイフ 

smorkniv

使えば使うほど手触りが良くなり味がでるスウェーデンのバターナイフ

スウェーデンの伝統的な木工品の代表格がこちらのバターナイフ。スモールゴス(Smörgås)と呼ばれるオープンサンドイッチを朝食や間食に食べるスウェーデンでは、バターナイフは日常生活において欠かせないものの一つです。形やサイズなども豊富にあり、手描きで花などの自然のモチーフの入ったものから、ダーラ馬やヘラジカの模様が入ったものなどいろいろあり、きっとお気に入りの一つが見つかると思います。

 

お値段もお手頃で10クローネくらいからあります。デザインがこっているものになると30クローネから50クローネほどしますが、使えば使うほど味が出るこのバターナイフは、お世話になっている方達に配るのにも適したお土産でしょう。この他にも、スウェーデンにはぬくもりの伝わってくるような暖かい木製品の入れ物やコップなどがたくさんあります。

冬の長いスウェーデンだからこそ、豊富な冬の必需品

vantar

冬の長いスウェーデンだからこそ、豊富な手袋や帽子

ヨーロッパの北にあるスウェーデン、長く厳しい冬の歴史が培ったお土産がこちら。手袋、帽子、マフラーやセーターをお土産にいかがでしょうか。スウェーデンならではの手袋もありますし、各地方に伝わる模様で編まれた手袋もあります。羊毛の使われた室内履きは、大変暖かく冬には欠かせません。どれも冬の厳しいスウェーデンだからこそ、生まれた技術で作られた質のよいものです。

手袋や帽子は250クローネ前後から、セーターになるとサイズによって異なりますが1000クローネほどします。

 

クリッパンに代表されるスウェーデンのウールのブランケット

klippanblankett

色、サイズ、デザインも豊富なウールのブランケット

スウェーデンのもう一つの冬の必需品が、こちらのウールのブランケット。スウェーデンのどの家庭にも一つはあり、ソファーに寄り添うようにおいてあります。ウールのブランケットを代表するのが「クリッパン(Klippan)」と呼ばれるテキスタイルの会社です。スウェーデン南部にある小さな街にあるクリッパンは、スウェーデンでは言わずと知れたブランケットの会社として有名。

質のよい羊毛を使用して作られるブランケットの肌触りは大変良く、デザインや色、サイズも多くありどれにしようか迷ってしまいます。羊毛の苦手な方には、オーガニックのコットンで作られたブランケットもお勧めです。一般的なブランケットのサイズのお値段は600クローネから1000クローネほどになります。子供用のものは400クローネほどからあります。