函館冬の旅、函館山や五稜郭などパワースポットと見所をご案内した後は、いよいよグルメと温泉です。港町ならでは新鮮な海産物やレトロな洋食屋さん、また心も胃袋もホカホカのとっておきなお宿をご紹介します。

函館朝市の活イカ

函館駅の南にある朝市はグルメスポットであると同時に、今や一大観光スポット。ここの店先には海産物から農産物、お土産品店など様々なお店が並び、朝早くからたくさんの観光客でにぎわっています。お店を見て歩くだけでも楽しく、あっというまに時間は過ぎてしまいます。

とにかくここの自慢は、新鮮な魚介類。お店を見ていると蟹も食べたい、海老も食べたいと、食欲が湧いてきますが、やはり函館といえばイカですよね。
undefinedundefined

函館朝市

朝市の駅二市場にある「活イカ釣り堀」では自分で釣ったイカをその場で刺身にして食べることができます。これぞ究極のグルメ!と期待に胸を膨らませながらさっそくこちらに伺いました。

市場の中にある水槽には、元気なイカ達が泳ぎ回っています。水槽の回りにはたくさん観光客が。海外からのお客様も順番を待っていました。イカのお値段は、その日の収穫量によって毎日変わるとのこと。ちなみにガイドが取材に伺った日のお値段は一杯660円也。
undefined

駅二市場の活イカ釣り堀

お店の方に釣り方を教えていただき、さっそくガイドもイカ釣りにチャレンジしました。足から釣るとイカにスミをかけられるので、頭の部分を引っかけるのがコツ。慣れぬ手つきで慎重に竿を水槽に入れます。勢いよく泳ぐイカの頭を狙って、竿を動かし……あ、手応えがありました。

さあどうです、大きなイカが釣れたでしょう!
undefinedundefined

興奮のイカ釣り体験で大きな獲物をゲット!

釣ったイカはそのまま調理場へ。お店の方の慣れた手つきで、すばやくさばかれ……
undefinedundefined

  

あっという間に、新鮮なお刺身が出来あがります。
undefinedundefined

  

ここですぐに食べる事もできますが、せっかくなら二階にある「朝市食堂二番館」に持って行って、いただきましょう。

まずは、いかを醤油につけて一口。コリコリとした食感で、口いっぱいに広がる自然の甘味。つぎにゴロと呼ばれる内臓。ウニのような濃厚な味わい。お昼でもビールが欲しくなります。げそと呼ばれるイカの足。醤油に漬けるとまだピクピク動きます。ちょっと残酷な感じですが、こちらもコリコリとした歯ごたえで、新鮮なことこの上なし。イカの冥福を祈りながら、一気にいただきました。

朝市食堂二番館のもう一つの名物が、500円の海鮮丼。この値段でこのボリューム、さすがは海の町函館です。イカの余韻を残しながら、海老にほたてにイクラに甘海老に。口の中に広がる海の幸のハーモニー……。至福の時間を過ごさせていただきました。
undefinedundefinedundefined

500円の海鮮丼

なお、ここは駅二市場のお店から蟹や鮭、ほっけ等お好きな魚介類を買って持ち込めば500円から1000円程度で調理して食べさせてくれるので、お好きな「オリジナル定食」を楽しむ事もできますよ。

■ 駅二市場、いか釣り、朝市食堂二番館    
住所:函館市若松町9-19 
TEL:0138-22-5330
HP:http://www.asaichi.ne.jp/ekini/

五島軒 本店 レストラン雪河亭

五島軒は創業明治12年という函館では老舗の洋食屋さん。函館っ子に人気のお店で、その味もさることながらこちらの異国情緒ただようレトロな建物は北海道の有形文化財にも登録されているとのこと。
undefined

五島軒の本店レストラン

五島軒のルーツであるロシア料理セットや鹿肉ハンバーグなどメニューはたくさんありますが、店一番のお勧めメニュー「明治の洋食&カレーセット」(2100円)。ポタージュスープ、ビーフシチュー、そして一番の看板商品であるカレー。それぞれのベースとなるソースは「奇をてらった要素」を廃して、スタンダードに真面目に作られており、昔懐かしい、でもあと口に何か惹かれる美味しさでした。
undefinedundefined

   

■ 五島軒 本店 レストラン雪河亭
住所:函館市末広町4-5 
TEL:0138-52-5811
HP:http://www.gotoken.hakodate.jp/restaurant/default.htm

ペイストリー スナッフルス

函館山麓のベイエリアにある金森赤レンガ倉庫にはお土産品や雑貨、スイーツのお店がたくさん。そこの一角、金森洋物館のペイストリー スナッフルスは、函館でも人気のスイーツ店です。

ロールケーキやタルトなど様々なお菓子が並ぶ中で圧倒的人気なのがチーズオムレット。売店に併設されたティールームでは1個からばら売りもされており(1個130円)、飲物と一緒にここで食べる事ができます。周辺の異人館散策で歩き疲れた時、おしゃれな店でいだたくお茶とスイーツでちょっと一息入れてみませんか?
undefined

ペイストリー スナッフルス喫茶コーナー

■ペイストリー スナッフルス 金森洋物館店 
営業時間:9:30~19:00
住所:函館市末広町13-9
TEL:0138-27-1240
HP:http://www.snaffles.jp/store/kanamori/