函館のアクセス情報

函館の街歩きは市電が便利。西部地区、五稜郭、湯の川温泉など、主な見どころは市電&徒歩で回ることができます。函館バスでは西部地区を周遊するお得なバスもあり。

函館市内を広範囲に移動するならレンタカーは便利。でも、坂道の多い西部地区では、駐車場を探すのもひと苦労。特に込み合うシーズンは、公共交通機関の利用がおすすめです。

【市電について】
>>函館市交通局のHP

>>市電1日乗車券
1日乗り放題のチケット600円。市電の初乗りは200円なので、3回乗車で元が取れる上、見どころ案内付きの路線図マップもついてきます。小銭が必要ないのも便利ですね。
市電車内、乗車券販売所で販売。協力店・施設にその日有効の乗車券を提示すると、割引などのサービスも!

>>そのほかお得な乗車券
小銭いらずのプリペイドカード「イカすカード」、「市電・函館バス共通1日、2日乗車券」があります。

【バス】
>>LCSA(レクサ)元町(From:函館バス)
JR函館駅~ベイエリア~元町エリアを日中に周遊するバス。1回の乗車は100円だが、1日乗り放題はお得な300円!

>>ロープウェイシャトルバス(From:函館バス)
函館駅前と函館山ロープウェイ前を結ぶバス。運賃230円。

【函館山ロープウェイ】
>>函館山ロープウェイ

函館へのアクセス

函館へのアクセス情報をご案内。北海道は本州と地図の縮尺が違います。ゆとりを持ったプランを立てるのがポイント。どうぞ良い旅を! 道外から道内へのアクセス方法は、「飛行機」「JR」「フェリー」があります。

■飛行機:航空会社は「日本航空」「全日空」のほか、手頃な料金が魅力の「エア・ドゥ」「スカイマーク」があります。函館へは「函館空港」が便利。

なお、新千歳空港から札幌へは、JR快速、バスが運行。

日本航空
全日空
エア・ドゥ北海道国際航空
スカイマークエアライン
新千歳空港
函館空港

■JR:時間に余裕のある方にお勧めなのが、ゆったりした鉄路の旅。東京~北海道は「北斗星」「カシオペア」、大阪~札幌は「トワイライトエクスプレス」が運行。いずれも函館にも停車します。少し先の話ですが、将来的には北海道新幹線も開業予定なので、アクセスの選択肢が広がりますね。

JR北海道
えきねっと(JR東日本)

■フェリー:愛車で北海道の真っ直ぐな道をドライブしたい! 長めに旅程を組んでいる……という人におすすめの交通手段。

新日本海フェリー(舞鶴~小樽、敦賀~小樽/苫小牧東、新潟~小樽など)
商船三井フェリー(大洗~苫小牧)
太平洋フェリー(名古屋~仙台~苫小牧)