忙しいシンガポール旅の間も、美人麺でコラーゲンチャージ!

解説

「美」をコンセプトにしたメニューの数々か楽しめます

解説

木を多用したくつろげる店内

旅行中は何かと忙しく、お肌も疲れを感じがち。そんな時に、是非オススメしたいのが、宮崎県でオーガニック地鶏を育てている「塚田農場」直営店で食べられる、その名も「美人麺」! 日本でもお店を展開している塚田農場ですが、コラーゲンたっぷりの美人麺を食べられるのは、シンガポールの店舗だけ。手軽にコラーゲンチャージができると、シンガポールの女性達にも大人気。取材したのは遅い時間だったので空いていますが、ランチタイムは行列が当たり前の人気店です。

 

解説

組み合わせ次第で12通りの味が楽しめます

美人麺のお味は塩、醤油、カレー、コク辛の4種類。麺は卵麺、モチモチ麺、お米の麺から選べます。 直営の農場で育てた、みやざき地頭鶏のガラを8時間かけて煮出したというスープは、そのまま冷ますと、プルンとしたゼリーに変わるほどの濃密なコラーゲンが含まれているとか。

ビタミンA、B1、B2、鉄分もしっかり含まれていて、疲れたときに嬉しい栄養素がぎっしり。風邪を引いたときなどにもぴったりの優しい味わいです。美味しいスープを最後まで楽しむには、「塩控えめ=レスソルティ」とオーダーするのがオススメ。

 

コラーゲンをそのままスープにした「美人麺」、そのお味は?

解説

バランンスの取れた具材も嬉しい「美人麺」

解説

二段になった器

私の一番のお気に入りは、定番の塩味に、あっさりした米の麺の組み合わせ。オーダーすると、こんがり焼かれたチキン、ほうれん草のおひたし、半熟のゆで卵、ネギ、ゆず、海苔が乗ったものが登場。そして、具材の乗った蓋を開けると、下にはコラーゲンがたっぷりとけ込んだ美人麺が!とろとろのスープは、見るからに滋養あふれる、濃厚さです。

 

解説

食べる時はこんな感じです

一口食べると、まろやかな鶏の旨味がじんわりと身体にしみ込んで来て、とっても幸せな気分になります。こちらのお店では、野菜もなるべくオーガニックのものを使っているそうですが、ほうれん草は柔らかくて美味しく、ネギのシャキシャキ感も絶妙です。チキンのこんがり具合も、いいアクセントになっています。でも、一番楽しみでいつも最後まで取っておいてしまうのは、半熟卵! とろっとした食感が、このスープに絶妙に合うんです。そして、スープは常に完食。繰り返しますが、コラーゲンを無駄なく頂く為にも(笑)ぜひ「レスソルティ」での注文をお勧めします!

 

解説

濃厚なスープがじんわりと疲れを取ってくれそう

手軽にコラーゲンチャージできる、ランチ限定の美人麺。女性同士の利用が多いですが、普通にサラリーマンが連れ立って美人麺を食べていたりと、男性が入りづらい雰囲気ではありませんので、ご安心を。チャイナタウン店以外に、MRTドビーゴート駅に直結しているショッピングセンター、Plaza Singapuraにも支店がありますので、お買い物や観光の合間に、立ち寄ってみてはいかがでしょうか? ランチタイムを逃してしまった方は、時間が許せば、同じスープを使った、夜の美人鍋を試してみても良いかも知れませんね。

<DATA>
■塚田農場(チャイナタウン店)
営業時間:ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~22:00 無休
住所:Chinatown Point #02-37 133 New Bridge Road Singapore  059413
電話: +65 6444 8840

■塚田農場(ドビーゴート店)
営業時間:ランチ11:30~15:00、ディナー17:00~22:00 無休
住所:Plaza Singapura #03-81 68 Orchard Road Singapore 238839
電話 : +65 9129 0244
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。