p0

「スカイマーク」は、東は東京(羽田)、西は神戸を中心に、北海道から沖縄まで全国に就航ネットワークを広げています。


リーズナブルな運賃が魅力の「スカイマーク」。羽田や神戸などを拠点とし、全国各地に就航ネットワークを広げ、国内LCCが登場する以前から手軽で利用しやすいエアラインとして定着しています。

スカイマークの予約方法や支払い、キャンセルする際やチェックイン時の注意点をはじめ、ターミナルや交通アクセス、割引運賃、サービスなどの情報などをお届けします。


スカイマークの「就航路線」一覧

p1

地に黄色の星がトレードマークのスカイマーク機。所有する機体はすべてボーイング社のB737-800のNext Generationです。


スカイマークは1998年に羽田~福岡で初就航しました。以来、全国各地に就航地を広げる一方、国内線の低コスト化にこだわり、手軽な航空運賃で飛行機に乗ることができる航空会社としての地位をしっかり確立してきました。

現在、以下の路線に就航しています(2015年11月1日現在)

■羽田:札幌(新千歳)/神戸/福岡/長崎(*1)/鹿児島/那覇
■札幌:茨城/羽田/名古屋(中部)/神戸/福岡
■茨城:札幌(新千歳)/神戸/福岡/那覇(*1)
■名古屋(中部):札幌(新千歳)/那覇
■神戸:札幌(新千歳)/茨城/羽田/長崎/鹿児島/那覇
■福岡:札幌(新千歳)/茨城/羽田/那覇
■長崎:羽田(*1)/神戸
■鹿児島:羽田/神戸
■那覇:羽田/茨城(*1)/名古屋(中部)/神戸/福岡

*1:神戸空港を経由する運航となります。