学習はいつ頃から始めればよいか

社会保険労務士試験は、合格するために800時間以上の学習時間を要するとされる難関です。このため、学習を始める時期は早いに越したことはありません。

毎年8月に試験が行われた後、各資格学校の講座が概ね9~10月には始まります。知識と理解力をしっかり身に付けながら学習を進めるため、この時期には学習を始めるのが理想です。
9月から始めた場合には、本番までの学習期間はちょうど1年間となります。

学習期間を1年間確保できない場合、遅くとも開始時期がいつ頃までなら、その年の試験に間に合うと考えられるでしょうか?

社労士試験はやり方次第で短期間で合格する人もいますので、個々人が持っている基礎的な知識や確保できる学習時間の長さにより、一概には言えません。ただ、一般的な初学者の方であれば、年明けの1月には始めたいところです。

学習スケジュールの例

学習を9月から始めた場合の学習スケジュールの例をご紹介します。
これは、私が2007年に社労士試験で合格した時に、実際に立てて実践したものです。かなり古いものですが、まずまずスタンダードにできていると思いますので、是非ご参考にして下さい。
gakushuuschedule

学習スケジュールの例








学習スケジュールを立てる時に、まず前半を「馴らし期間」と「インプット期間」、後半を「アウトプット期間」に分けることがポイントです。

1日の学習時間の目安ですが、馴らし期間を除いた11ヶ月で概ね330日(30日×11)あるとみなすと、1日平均2.5時間で年間825時間(2.5時間×330日)となり、標準学習時間をクリアします。
仕事をしている人は、週単位でとらえて、平日を1.5時間、土日を5時間としてもいいですね。

資格学校に通学している人の学習時間には、講義の受講時間も含めていいと思いますが、上記計算時間は年末年始やGWも含めた全期間が対象となりますので、標準時間を超えるには、講義がない期間も自習時間をきちんと確保しなければなりません。