意中の男性が少しでも競馬好きだったら、ぜひ競馬場デートへ

keibajyo

競馬場に行くと、多くのカップルの姿を見かけることでしょう!

きれいな景観や設備の充実から、近年はデートスポットとしても人気の競馬場。実は競馬場を舞台にしたデートでは、ちょっとした方法を用いることによって、男性の素顔や本性を暴くことができます。

ということで、もし彼氏や意中の男性が少しでも競馬好きと分かったら、ここぞとばかりに「競馬場へ連れてって」と懇願してください。そして、これから説明する方法を試して、男性の本性を思う存分調べ上げてください。

競馬場デートで分かる、男性の「器の大きさ」

競馬場デートのメインイベントといえば、レース観戦。たとえ馬の知識がなくても、試しに馬券を買ってレースを見るのが基本の流れでしょう。そこで実行してもらいたい作戦があります。

まずレースが始まる前に、男性がどの馬の馬券を買うのか聞いてみてください。そして男性の説明が一通り終わったら、あえて男性が推す馬とは別の馬の馬券を買いましょう。やや冷たい行動に見えますが、仕方ありません。なぜならこれにより、男性の「器の大きさ」が分かるからです。

大切なのは、男性と自分がそれぞれ別の馬を応援する状況を作ること。いざレースがスタートすると、おそらく男性は自分の買った馬を確認しながらも、一方で「○○ちゃんの馬は後ろから2番目にいるよ」と丁寧に説明してくれるでしょう。ここまでは特に問題ありません。

作戦の本番は、各馬が最後の直線に入り、スパートをかけたところ。つまり勝負所です。最初こそ女の子の買った馬を気にかけてくれた男性も、いざとなると競馬好きの血が騒ぐもの。最後の勝負所では、どうしても自分の馬券の行方、すなわち自分の買った馬に目が行ってしまうはずです。その瞬間こそ「器の大きさ」を測る最大のチャンス。いざ作戦決行です。

各馬が直線に入ってしばらく経ったとき、周りの観客が盛り上がり出したタイミングで、「あれ、私の馬どこどこ? 見失っちゃった」と焦る素振りを見せてください。ただし、決して大声ではなく、男性に聞こえるかどうか微妙なくらいの声量で。さあそこで隣りの男性はどんな反応を取るか。そのリアクションがこの作戦のすべて。

もし男性が自分の馬券などに目もくれず「○○ちゃんの馬は……、今4番目にいるよ!」とすぐ探してくれれば、これはなかなかの器。対して、「え、○○ちゃんの馬? えーっと……どうだろう」と、真剣に探してくれなかったら危険信号。男性の頭の中は、自分の馬券で一杯です。あなたよりも馬券に夢中になっているかもしれません。それ以上にマズいのは聞こえないフリをした場合。これはもう赤点と言っていいでしょう。そこから男性と別行動をとっても構いません。

次ページでも、さらに競馬場デートでの作戦は続きます。