最高ランクに位置する競馬のレースが「G1」

derby

G1レースとなると10万人以上の観衆が詰めかけることも(写真 JRA)

自分の人生を振り返ってみると、色々な年代において、知り合いみんなに報告(自慢)したくなるようなステータスがあったのではないでしょうか?

小学生なら「逆上がりができた」、中学生なら「初めて美容院に行った」、高校生なら「原付免許を取った」などなど、同世代がうらやむようなことがあったはずです。

これを競馬の世界に移すとどうなるか。おそらく競走馬にとって、誰もが自慢したくなるステータスは、「G1を勝った」ということでしょう。先ほどより分かりやすい例で言うと、元高校球児が「俺、甲子園出たことあるんだよ」と語るようなイメージです。

ご存知の方も多いかも知れませんが、「G1」とはレースの格付けにおける最上位のもの。よく言う「G1レース」とは、毎週行われる競馬のレースの中でも、トップランクということになります。

ですが、これだけでは「G1とは何か」について、いまいち伝えられていません。G1のすごさ、そしてその面白さを知るには、「G1以外」の部分を張り切って説明する必要があります。

いくつものクラスを突破しないと、G1に出ることはできない

日本の競馬では、その馬の成績に合わせて5つにクラスが分かれています。以下の図を見て頂きましょう。
class

日本の競馬では、獲得賞金に合わせて各馬の所属するクラスが決まります

1番下のクラスは、デビュー前の馬も含めて「一度も勝ったことのない」馬たちのクラス。そこから、1勝あるいは2勝するごとにクラスが上がります。なお、500万下・1000万下などのクラス名は、その馬が今まで1着になって稼いだ賞金のトータル(1着賞金の合計が500万以下の馬)を意味するもの。そして、勝ち続けると「オープン」という最上位のクラス、いわゆる1軍にたどりつくのです。

オープンクラスのレースは、さらに4つのランクに分かれており、その頂点に位置するのがG1。「G」とはグレードの意味で、「重賞レース」と呼ばれ、賞金はグンと高くなります。G1のほか、G2・G3と、格のつかないオープンレースがあります。

クラス分けについては、ある1頭のサラブレッドの成績を見てみるとよいでしょう。その馬の名はローマンレジェンド。
roman

一気に最上級クラスまで勝ち進んだローマンレジェンド(写真 JRA)

ローマンレジェンドは、2011年にデビュー。最初の2戦は芝コースのレースに挑戦するのですが、2連敗してしまいます。

2011年1月5日 3歳新馬  芝2000m 3着 
2011年1月22日 3歳未勝利 芝2200m 8着

この時、ローマンレジェンドはいわゆる「未勝利クラス」。しかし、3戦目で兄弟が得意とするダートのレースに挑戦したところ、これが大正解。「待ってました」とばかりに、ローマンレジェンドの快進撃が始まります。3戦目以降の成績を見てみましょう。

2011年5月1日 3歳未勝利 ダート1800m 1着
-------------------------------------クラス昇格
2011年11月5日 3歳上500万下 ダート1800m 1着
-------------------------------------クラス昇格
2011年12月11日 3歳上1000万下 ダート1800m 2着
2011年12月25日 赤穂特別(1000万下) ダート1800m 1着
-------------------------------------クラス昇格
2012年4月22日 上賀茂S(1600万下) ダート1800m 1着
2012年6月9日 灘S(1600万下) ダート1800m 1着
-------------------------------------クラス昇格

どうですか、この成績。0勝クラスだったローマンレジェンドは、500万下→1000万下→1600万下とみるみるうちにクリアして、オープンクラスまで上り詰めたのです。

次ページでは、ローマンレジェンドのG1挑戦をレポートします。