騎手にとってもっとも重要な技術とは?

deilta

騎手と馬が力を合わせて戦うところに、競馬の魅力があります(写真 JRA)

スタートが切られたら馬に気合いをつけ、理想的なポジションへと誘導する。勝負所になったら合図を出してスパートを開始する。そして最後の直線では、ムチを入れ、先頭を目指す。

騎手は馬の司令塔であり、ドライバー。1着になるために最適なポジション、コース取り、仕掛け所を見極め、パートナーの馬を導くのが彼らの仕事です。

しかし、これらを行うのは容易ではありません。相手が生き物である以上、車のように指示通り動くわけではありませんから。そこで求められるのが、「馬とのコミュニケーション」。これこそが、騎手にとってもっとも重要な技術なのです。

騎手と馬が意思疎通できないと、勝利には近づかない

競馬のレースは、人間でいう中長距離走。100m走のように、最初から全力で走って勝てるレースはありません。競馬では最短距離となる1000mのレースでも、ペース無視で飛ばせばバテてしまいます。となると必要になるのが、ペース配分。そこで騎手の出番になります。

馬からすれば、ペース配分なんて知ったこっちゃない。コースの上を全力で走りたい。しかし、それではバテてしまいますから、馬を適切なペースで走らせるよう、騎手がコントロールするわけです。

「折り合い」とよばれる騎手のコントロールはきわめて重要で、馬が騎手の指示に従っていれば、「折り合っている」と表現されます。ただ、思い切り走りたい馬は、往々にして騎手の指示に従わずオーバーペースになりがち。そのような、騎手と馬のリズムが合っていない状況、制御が利かない状況を「引っ掛かっている」といいます。

この折り合いこそ、騎手のコミュニケーション能力が発揮される場。同じ馬でも、指示を出される相手(騎手)によって、従ったり従わなかったりするのです。当然、従わせる騎手はレース結果もよくなりますから、「上手い」と評されるわけです。