年末になると世間を賑わす「有馬記念」の文字。競馬を知らなくても、その言葉だけなら聞いたことがある人は多いかもしれません。有馬記念はとにかく劇的な展開が多く人気のレースなのですが、年間で3000を超える中央競馬(JRA)のレースの中でも、有馬記念のように、特に重要なレースが存在します。

そこで今回は、競馬を始めたばかりの人におすすめの、必ず観ておきたいレースを3つご紹介します。どれも競馬の醍醐味が詰まったレースですよ。


競馬版「夏の甲子園」ともいえる「日本ダービー」

まず観てもらいたいのが、5月に行われる日本ダービー(芝2400m、東京競馬場)です。
derby

競走馬に関わる人にとって、日本ダービーはまさしく憧れの舞台(写真 JRA)


競走馬は2歳の夏以降にデビューし、通常は5~6歳頃まで現役生活を続けるのですが、3歳の夏まではまだまだ体が未完成で、年上の馬にかなわないため、同年齢の馬だけでレースを行います。いわば競走馬の3歳夏が、人間でいう高校卒業の時期というイメージですね。

そして、競走馬にとって高校生活の終盤に当たる3歳の5月末に、「同年齢の中で一番強い馬を決めるレース」として行われるのが日本ダービーです。まだまだ未完成ながら日本一を目指す様子は、さながら「夏の甲子園」のようで、どんな馬も最初は日本ダービー出走を目標にデビューします。

そんな憧れのレースだからこそ、馬にも騎手にも重圧がかかりますし、未完成ゆえのミスも出てしまうもの。日本ダービーにおいて、平常心を失って力を出せなかった馬は数えればキリがありません。その緊張感の中で馬と騎手が力を合わせて戦う姿にダービーの魅力があります。

印象的だったのは2006年の日本ダービー。これまでのレース実績から、優勝の最有力候補は文句なしでメイショウサムソンという馬でした。しかし、メイショウサムソンに騎乗する石橋守騎手は、ベテランながらこれだけの有力馬にダービーで乗るのは初めて。デビュー以来ずっとメイショウサムソンとコンビを組み、馬のことを知り尽くしているとはいえ、正直「プレッシャーに負けてしまうのでは……」という不安がありました。

ところが、メイショウサムソンは見事に優勝。石橋守騎手は重圧に押し潰されるどころか、馬がなるべく消耗せず最小限の力で勝てるよう配慮するほど冷静な騎乗ぶり。もちろん緊張はあったでしょうが、おそらくそれを吹き飛ばす信頼関係が、デビューからずっと一緒に戦ってきたメイショウサムソンとの間にあったんですね。そんな、人馬の絆を見られるレースが日本ダービーです。