過去問題 第51回(2016年)

Danielsらの徒手筋力テストにおいて座位で筋力3を判定できるのはどれか。2つ選べ。
  1. 大胸筋
  2. 肩甲下筋
  3. 上腕三頭筋
  4. 縫工筋
  5. 下腿三頭筋

この答えは【3,4】になります。MMT(Danielsらの徒手筋力テスト)の検査姿勢を問う問題ですが、解答ポイントは別法も抑えられているか?です。3の上腕三頭筋は、基本的に段階0-2は座位、3-5は伏臥位になりますが、別法で3-5を座位で行う方法があります。4の縫工筋の検査は3-5で座位にて行いますので正解です。その他の選択肢ですが、1の大胸筋の段階3は背臥位。2の肩甲下筋の段階3は伏臥位。5の下腿三頭筋の段階3は立位で行います。

過去問題 第50回(2015年)

関節可動域測定法(日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会基準による)で正しいのはどれか。2つ選べ。
理学療法士undefined国家試験undefinedROM

毎年、定番となる関節可動域測定の問題。実習での実践があるため、比較的、解きやすい問題と言えますが、イージーミスで取りこぼす事のないように図をよく見て解きましょう。

  1. 肩水平伸展
  2. 肩外旋
  3. 手伸展
  4. 母指尺側内転
  5. 小指外転

この問題の答えは【4.5】になります。1の肩水平伸展に関して、この図では基本軸が肩峰を通る前額面の垂直線となっていますが、実際の基本軸は、肩峰を通る矢状面への垂直線になります。2の肩外旋は、図では前腕回外位になっていますが、前腕は中間位で行います。3の手伸展は、基本軸が橈骨で移動軸が第二中手骨となります。この図では、基本軸の橈骨、移動軸の第二中手骨の位置が曖昧になる為、間違いになります。

過去問題 第44回(2009年)

Danielsらの徒手筋力テスト(MMT)筋力2の測定法で正しいのはどれか。なお、図中の矢印は運動を指示する方向を示す。
mmt1

MMTでは、頭頚部や体幹、手指などの測定方法などもしっかり押さえておきましょう。

この答えは【1】になります。図におけるそれぞれの筋力テストについてですが、1は頸部伸展2のテスト。2は頸部屈曲3のテスト。3は体幹伸展である胸椎4と5のテスト。4の体幹屈曲2のテスト肢位は、仰臥位にて両上肢を体側に置き膝屈曲位。5の体幹回旋2のテスト肢位は仰臥位で両上肢伸展位になります。MMTに関する出題傾向に関しては、四肢だけでなく体幹や頭頚部、または手指、足部に関してもしっかり押さえる必要があります。

特に頭頚部は、
mmt2

背は背臥位。腹は腹臥位を表します。

頭部、頚部、頭頚部とより細かい実施項目があります。単純に記憶しようとすると非常に苦労しますので、わかりやすく左記のように表記し整理する事により、理解しやすくなると思います。

【関連記事一覧】
理学療法士試験の問題傾向と対策
理学療法士(PT)試験 総合的な問題傾向
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。