抜弁天を経て東新宿駅まで歩く

予定では、若松河田町駅まで歩くつもりだったけれど、なんとなく東新宿方面に脚が向いてしまった。まずは、市谷加賀町から銀杏坂通り。新宿区の青い案内板もなかなか素敵だ。
ゆるやかな坂で、外苑西通りへ出る

かつて坂の北にあった久貝因幡守の邸内に銀杏稲荷があったのでこの名前がついたそうだ

外苑西通りへ出て、そこから女子医大通りを行けば若松河田町駅なのだが、もう少し歩きたくて、仲之公園を通り抜けて、かつてフジテレビ通りと呼ばれていたあけぼの橋通りへ降りる念仏坂へ。念仏坂の動画はこちら→
坂の名前の由来は諸説あるけれど、そのひとつはかつてこのあたりに老僧がいて昼夜念仏を唱えていたというのがある。

今は階段になっている坂。とても急でカーブしている。

念仏坂をおりて、かつてはフジテレビ通りと呼ばれたあけぼの橋通りに出て、すぐ左に曲がると、そこにはまた坂がある。安養寺坂だ。
坂の途中にあるのは「住吉公園」。

名前の通り「安養寺」への坂だ。

安養寺坂をのぼると抜け弁天へ向かう太い坂道と合流する。永井荷風の旧宅跡を紹介する案内板などがある。
源義家が奥州平定に向かう途中ここに宿営したそうだ。

このあたりでは一番高い場所にある抜弁天

今はビルなどがあるので、そうでもないが、江戸時代まではこの抜弁天は見晴らしのいい場所だったようだ。さて、ここから久左衛門坂を降りて、東新宿駅へ向かったところで、今回の散歩は終了。

抜け弁天の動画
久右衛門坂をのぼり、職安通りへの動画

今回の散歩ルートはこちら

【関連サイト】
絶品カレーを求めて市谷加賀町を往く - 下関マグロの“散歩生活”

【関連記事】
四谷、市ヶ谷、九段下 釣堀で和んでみる散歩 [散歩] All About
市ヶ谷橋から飯田橋を経て水道橋の橋散歩 [散歩] All About

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。