市ヶ谷駅から千代田区の坂を歩く

「市ヶ谷」という地名の由来は諸説あるけれど、そのひとつが、四谷の中の一の谷というものだそうだ。市ヶ谷から四谷にかけては、実際、谷が多い。つまりいくつもの坂があるのだ。今回はそんな坂をめぐる散歩をしてみようと思う。
「番町皿屋敷」のお菊が髪を振り乱し、帯を引きずって逃げたからこの名前がついた

「帯坂(おびざか)」は歌舞伎「番町皿屋敷」の舞台になった場所

まずは、市ヶ谷駅から靖国通りを行き、すぐ左に曲がった場所に坂の案内板があった。千代田区の案内板は大きくて立派だ。まずは、「帯坂」という変わった名前の坂。歌舞伎の番町皿屋敷の舞台で、お菊さんが、髪を振り乱し、帯を引きずりながら歩いたので、こんな名前が付いたそうだ。坂をあがったところを左に曲がると、東郷元帥記念公園がある。

かつてここに東郷元帥の邸宅があったためこの名前がついたのだそう

東郷元帥記念公園の西側にある坂

公園の西側の坂が東郷坂だ。通行している人がとても多い。東郷元帥記念公園の南の道を大妻女子大まで歩き、再び靖国通り方向へ。
かつてこのあありに徳川将軍家の厩があったからこの名前がついたそうだ。

「御厩谷坂」とある。読み方は「おんまやだにさか」だそうだ。

案内板が見えてきた。そこには「御厩谷坂」とある。おっとこちらの案内板は新しいもので、小さくなっている。そこに書かれていた内容は、かつてこのあたりに徳川将軍家の厩舎があったので、この名前がついたそうだ。さて、御厩谷坂から靖国通りまで行き、一口坂の交差点を右へ曲がるとそこには一口坂がある。
外堀へ続くこの坂の先は新見附の交差点へ出る

一口坂は「ひとくちざか」とよむが、かつては「いもあらいざか」とよんでいたそうだ

靖国通りから外堀方向へ下っていく坂だ。この先、外堀通りを新見附橋で渡ると、そこは新宿区である。