天使?悪魔? ストッキングで作る天使の羽

天使の羽のプチ仮装

天使の羽のプチ仮装

欧米にはたくさんのパーティーショップがあり、子ども用の衣装やプチ仮装用の可愛い変身グッズが売っていて、天使や妖精の羽は女の子に大人気でした。ここではハロウィン向けのAngel Wings(天使の羽)の作り方を紹介しています。羽の周りにはパープルの長い羽毛を飾りましたが、羽毛を付けずストッキングの色をパステルカラーに変えれば妖精の羽のようにも見えますよ。ただし、100円ショップの羽毛はすごく抜け易く、動き回ると羽が飛び散るので着用時はご注意ください。

homemade Angel Wingsの作り方

材料:パンティストッキング(白に近い物):1足、針金ハンガー:4個、ワイヤータイ:4本、デコレーション用の長い羽毛(140cm)×2本、紙ナプキン又は紫系の布:1枚、衣料用のゴム:40cm×2本

ハンガーを切る

Aで2本、Bで2本切ります。

1. 針金ハンガーを4個用意します。2本は先端の曲がった部分(A)を、2本は捩れた部分の下(B)を、ペンチで切ります。Bのハンガーはまた輪になるように、針金を重ねてねじっておきます。

 
パンストを被せる

ハンガーにパンストを被せます。端はしっかりと縛ってください

2. Aのハンガーを手で引っ張り楕円形になるように伸ばします。パンストは膝から下を裁断し、中にハンガーを通します。パンストは端をねじり、ワイヤータイでしっかりと縛ってください。

 
Bのパンスト

Aと同じようにパンストを被せ端を縛ってください。

3. パンストの太ももから膝までの部分を裁断し、袋状になるように片端を結びます。そしてパンストの中にBのハンガーを通します。Aと同じように端をねじり、ワイヤータイでしっかりと縛ってください。

 
羽を並べる

4枚の羽を重ねます。Bは少し小さいので下にします

4. Aの羽とBの羽を重ねます。Aの方が若干大きいので上に、Bは若干小さいので下に置きます。

 
テープを巻いて固定します

ビニールテープを巻き、その上からパンストを巻いて隠します

5. 羽と羽の間の針金が重なった部分にビニールテープを巻き、羽が動かないようにしっかりと固定します。その上から残ったパンスト(お腹の部分)を巻き付けて結びます。

 
ぐし縫い

ハンガーと羽を重ねてぐし縫いします

6. ハンガーの淵(針金)の上にデコレーション用の長い羽毛を重ね、針金と羽毛の芯を一緒に3cm間隔のぐし縫いで、荒く縫っていきます。

 
羽毛をつける

全ての羽の淵に羽毛を付けます

7. デコレーション用の羽毛1本でAとBの羽1組を飾ることができます。 なので飾り用の羽毛は合計2本入ります。

 
間を隠す

羽と羽の間を隠します

8. 羽と羽の間のパンストを被せた部分は、紙ナプキンや布を被せて隠します。 造花や別の羽を貼っても構いません。

 
肩ひも

肩ひもを通します。

9. 羽を裏返し、両方の羽の付け根ににゴムを通し、輪を作ります。ここに腕を通して羽を背負うようにします。羽が大きいので大人でも使えます。





ハロウィン関連記事

ビニール傘を使ったハロウィンのプチ仮装



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。