関係別のコーディネートポイント

navy

先輩や上司なら大人っぽい装いで。袖があるものなら羽織りものもいらず、スマートに振る舞える。

新郎新婦との関係によって、ふさわしいコーディネートがあります。そのポイントを伺いました。

まず、友人として招待されている場合。華やかに装うことが求められていると考えてまず間違いありません。「自分の結婚式で黒のドレスを着たお友だちが多くて、メインテーブルから見てちょっとさみしく見えたので、自分はカラーのドレスを着ていきたい、という既婚のお客さまもいらっしゃいました。」とおっしゃる大塚さん。

黒は自前で持っている人も多いので、どうしても割合が多くなるんですよね。プランナー目線で見ても、男性ゲストや親族がどうしても黒の割合が多くなるので、女性にはぜひ華を添えてほしいと思います。

次に、会社関係者の場合。上司や先輩なら、派手すぎず、落ち着いた雰囲気の黒やネイビーがおすすめ。身体のラインが出る細身のものなら、より大人っぽく装えます。後輩として招待された場合は、かわいらしい雰囲気でありながら、写真撮影などでさっと動けるものというニーズもあるそう。前述した袖のあるタイプなら、ストールがずれたりしてもたつくこともありません。

そして、親族の場合。既婚であれば、落ち着いた雰囲気がよいでしょうが、未婚の場合はやはり華やかであってよいでしょう。圧倒的に黒が多くなるご親族席、お若い女性である姉妹、従姉妹の方はいい意味で目立ってほしいですね。新郎新婦の妹さんがお母さまと一緒にドレス選びをされた際には、ある程度華やかに、というお母さまの意向があったそう。会社の後輩の方と同じく、動きやすさも大切ですね。

次のページでは、マタニティやママのコーディネートについて。