「iPhoneを探す」を使うための設定

「iPhoneを探す」は、iCloudの機能のひとつで、インターネットを使ってiPhoneの現在地を地図上に表示させる機能です。見つけたiPhoneにサウンドを再生させたり、画面にメッセージを表示させることができます。

「iPhoneを探す」を利用するには、あらかじめiPhoneに「iPhoneを探す」を設定しておく必要があります。設定は非常に簡単で、「設定」の「iCloud」にある「iPhoneを探す」をオンにするだけです。
もし初めてiCloudを利用する場合は、Apple IDでサインインし、iCloudの利用規約に同意して利用します。位置情報の許可を求められたら「OK」をクリックして、「iPhoneを探す」をオンにします。
『iPhoneを探す』の設定方法・PCでのやり方

「設定」の「iCloud」にある「iPhoneを探す」をオンにする


iOS7以降は、「iPhoneを探す」をオフにしようとすると、Apple IDとパスワードが求められます。他人にオフにされる心配はありません。
   

MacなどPCでiPhoneを探す

まず、なくしてしまったiPhoneをパソコンから探す方法です。パソコンは、インターネットにつながっているWindows、もしくはMacを利用します。

まず、ブラウザを起動し、「iCloud(https://www.icloud.com/ )」へアクセスします。続いて、Apple IDでサインインします。
iCloud-sign

パソコンでiCloudにアクセスし、Apple IDでサインインする

sagasu-03

「iPhoneを探す」をクリックする

「iPhoneを探す」をクリックすると、まもなくiPhoneの現在位置を地図上に表示します。丸いアイコンが機器の場所です。同じApple IDでiPadやiPod touchなど複数の機器を利用している場合は、複数のアイコンが表示されます。

iPhoneの「i」マークをクリックします。
sagasu-04

検索されたiPhoneの「i」マークをクリックする

sagasu-05

iPhoneに対して行える3つのメニューが表示される

「サウンド再生」をクリックすると、iPhoneに大きな音を鳴らすことができます。近くにあるはずなのに見当たらないときや、誰かにiPhoneが落ちていることに気付いてほしいときに有効です。
「iPhoneの消去」では、iPhoneのデータを遠隔操作で消去することができます。ただし、データを消去すると「iPhoneを探す」が使えなくなるので注意が必要です。
「紛失モード」では、iPhoneを見つけてくれた人へ、メッセージと連絡先を表示させることができます。
紛失モード

「紛失モード」では画面に連絡先を表示させることができる。拾った人はこの番号への発信しかできない

 

なくしたiPhoneを別のiPhoneで探すやり方

出先でiPhoneを紛失してしまったときは、友人などのiPhoneを借りて自分のiPhoneを探すこともできます。また、iPadやiPod touchでも探せます。

まず、iPhoneに「iPhoneを探す」アプリをインストールします。次に、自分のApple IDとパスワードを入力し、サインインします。
iPhoneを探す

なくしたiPhoneに登録しているApple IDとパスワードでサインインする

サインインすると、そのApple IDで利用している機器が表示されます。探したいiPhoneをタップします。
 
sagasu-08

表示されたデバイスから、探したいiPhoneをタップする

genzaichi

iPhoneの現在地が表示される。「>」でiPhoneを操作するメニューを表示できる

iPhoneの現在位置が地図上に表示されます。「>」アイコンをタップすると、iPhoneを操作するメニューが表示されます。メニューの使い方は前のページを参照してください。

紛失や盗難の際に心強い「iPhoneを探す」ですが、iPhoneが電波の届かない場所にある場合や、位置情報サービスがオフになっているときは検索することができません。また、電源がオフになっているときも検出できませんが、その場合は検出したときに通知を受けることができます。

大切な思い出や重要な個人情報が入っているiPhoneです。まさかの時のために、一度「iPhoneを探す」を試しておくとよいでしょう。


【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。