「今、決めないとこの物件、なくなっちゃうよ」という不動産会社は?


物件の問い合わせをすると、「来店してくれたら案内する」といわれ、実際に訪問して物件を見せてもらったその後で、「今、ここで借りると決めたほうがいいですよ。この物件、人気が高いので、明日には他の人で決まっちゃうかもしれませんし」と、やけに契約を急がせるようなことを言われるケースがあります。

この場合も、賃貸基礎知識では「急いで申込み&契約させようとする場合は要注意!」と言われますが、必ずしも、こう言われたらすべて『悪徳』不動産会社とは決められません。でも、確かに契約を急がせるようなことを言われると、ちょっと警戒が必要です。

悪徳不動産会社
申込を急がせる営業マンは要注意!けれど、そのために気に入った物件が他の人で決まってしまっても文句は言えません
不動産会社としても、本当に人気の高い物件で、案内したらきっとすぐに申込みが入るような場合には、そのようにお勧めすることがあります。ですから、「今決めないと、明日には他の人で決まってしまう」ということはもちろんあり得る話。
ただ、どんな物件でも(本当は人気のない、長期間空室だった物件など)このように勧める営業マンなら要注意。明らかに、「ここで決めてもらいたい」という営業マンの本心がちらちらと見えているときは、その常套句に乗せられて申し込んでしまうことは気を付けなければなりません。


そのために、本当に営業マンの話が正しいかどうかを判断ができる知識を持つことがポイント。例えば、「人気が高い」と言われた物件は、周辺物件と比較して本当に競争力のある物件なのかどうか、少し自分でも考えられるだけの情報を得ることが大切です。同じエリア内で物件を探したり、家賃相場を調べたりすれば、およその予想は付けられると思います。もし、まったく分からないというのであれば、「このあたりの家賃相場はいくらですか?新築物件の供給は多いですか?どの間取りタイプが人気ですか?」と数多くの質問を営業マンにぶつけてみましょう。すらすらと答えてくれる営業マンなら勉強熱心な人。きっと有益な情報を教えてくれるでしょう。

ただ、脅しまがいな行為はもちろん禁止。営業マンのトークに恐怖を感じるようならば、物件を借りることは見合わせたほうがいいでしょう。

また、どうしても申込みをしないと家に帰れそうにない場合、「申込みだけなら・・・」と仕方なく書類にサインし、幾らかの申込金を支払うよう催促されるかもしれません。そんなときでも、この一言だけは勇気を持って言いましょう。

「この申込みはキャンセルできますか?その場合に支払ったお金は戻ってきますか?」
そして、「申込金」であること(つまりキャンセルしたら返金される)を明記した受領書をもらっておくことです。

実は、「申込金」に関するトラブルはかなり多く発生しています。申込金を支払う時は、十分に注意をしましょう。
詳しい記事はこちら→「『預かり金』の支払いには、注意が必要」



不動産会社が悪徳かどうか――これを一見して見分けるのは困難なこと。どちらかというと「私は騙されないぞ」と心に誓い、「不動産会社はすべて悪徳」と疑ってかかる人もいるようですが、あまりに疑心暗鬼になりすぎるのもどうかと思います。

結局は、不動産会社がどうかというよりは、担当してくれる営業マンの対応によって、借りる側の心象も大きく変わってくるもの。ですから、悪徳不動産会社かどうかを見分けるよりも、担当してくれる営業マンの態度をチェックすることが大切です。

賃貸業務もいわばサービス業だと考える仲介・管理会社ならば、きっと誠意を持って対応してくれるはず。マメに連絡をしてくれる、質問したことにきちんと答えてくれる、身だしなみが清潔である、など人としてあるべき姿かどうか、それを判断するようにすれば、きっと「悪徳」不動産会社ではなく「善良な」不動産会社に出会えると思いますよ。


【関連記事】
・不動産会社を調べる、いい方法
・『預かり金』の支払いには、注意が必要

好評連載中! はじめての部屋探し HOW TO
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。