湯の濃厚さが視覚的に分かる温泉

 

 

■スポット名
入之波温泉山鳩湯

■おすすめポイント

入之波温泉は奈良県を代表する秘湯で、日本で最も読み方が難しい温泉でもあります。
これで「しおのは温泉」と読むのですから、余程の温泉通でないと読めない温泉地名です。

中でも山鳩湯は入之波温泉でも泉質が良い事で、日本中の温泉愛好家から愛されている温泉。
褐色の濁り湯が大湯量でドバドバと内湯に注がれ、溢れた湯が露天風呂に流れ込みます。
そして、露天風呂から溢れた湯が紀ノ川の支流、大迫貯水池に流れ込むのですが、
その流れるルートが温泉成分で盛り上がって、湯の濃厚さが視覚的に分かる温泉です。

このように濃厚な湯なので、湯上りにはぐったりと疲れてしまい、休憩所で存分に休憩しないと帰れません。ここまでインパクトが強い湯なので、本当は泊まって堪能したい秘湯です。


■入之波温泉山鳩湯
住所:奈良県吉野郡川上村入之波391
電話:0746-54-0262
営業時間:10:00~17:00(最終受付16:00)
入浴料金:大人700円
定休日:水曜日(11月~3月末は火曜日も。祭日、正月、連休、お盆は営業)
HP:www.yamabatoyu.yoshino.jp/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。