三重県では貴重な大湯量かけ流し温泉

 

 

■スポット名
湯元山荘湯ノ口温泉

■おすすめポイント
湯ノ口温泉は三重県を代表する秘湯で、700年前に開湯されたという歴史的名湯です。
金鉱山採掘中に発見された温泉らしく、本当に山深い所にある温泉です。

手前に瀞流荘という宿があり、金鉱山の名残のトロッコ電車で湯ノ口温泉まで行けるので、
鉄道好きな人は車を清流荘に停めて、往復トロッコで行く人もいる程の名物になっています。
以前は瀞流荘も湯ノ口温泉からの引き湯だったのですが、新しく温泉を掘って今では入鹿温泉と名乗っています。

話を湯ノ口温泉に戻しますが、湯元山荘には公衆浴場の他、ロッジ、コテージ、バンガローなどの
素朴な宿泊施設も併設されています。最大の魅力は温泉の泉質で、特に露天風呂が素晴らしいのです。湯量が豊富でドバドバとかけ流しになっている湯は、微白色の濁り湯で、いかにも温泉らしいと感じる塩化土類泉です。

大浴場の他に、体の不自由な方向けの「湯治湯」という名前の小浴場も併設されており、湯治効果も高い事が分かります。一人用ポリバスで味わう温泉もまた良いものなので、空いているようでしたら、こちらにも浸かってみるのもお勧めです。


■湯元山荘湯ノ口温泉

住所:三重県熊野市紀和町湯ノ口10番地
電話:0597-97-1126
営業時間:9:00~21:00(最終受付20:30)
入浴料金:大人400円
定休日:不定休
HP:www.ztv.ne.jp/irukaspa/yumotosansou/

※データは記事公開時点のものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。