相続税

【そうぞくぜい】

相続または遺贈、死因贈与により取得した財産を課税対象とする国税。相続税が発生する場合には、原則として被相続人が死亡した日の翌日から10か月以内に、被相続人の住所地を管轄する税務署に申告して納税をする。

非課税財産の規定があるほか、土地の評価では小規模宅地の減額の特例などもある。

なお、以前の基礎控除額は〔5,000万円+(1,000万円×法定相続人の人数)〕と比較的高額だったため、実際に相続税が課税される世帯の割合は比較的少なかった。

しかし、2015年1月1日に基礎控除額が〔3,000万円+(600万円×法定相続人の人数)〕まで引き下げられ、相続税が課税される世帯は都市部で急増している。

>> 相続税評価額
>> 贈与税

【関連記事】
覚えておきたい相続と贈与の基本

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。