管理組合

【かんりくみあい】

マンションが区分所有されることにより成立する団体。マンションを購入する(=区分所有者になる)ことにより、自動的に管理組合の構成員(組合員)となる。

管理組合には業務執行機関としての理事会がおかれ、区分所有者の中から理事長(区分所有法上の「管理者」)、副理事長、監事、数名の理事などの役員が選任される。ちなみに管理組合の役員は無報酬であることが一般的。

マンション管理の主体はあくまでも管理組合であり、定期的に開催される総会へ参加することはもちろんのこと、管理組合役員も積極的に引き受けたいもの。良好なマンションの維持管理には、管理組合員たる区分所有者一人ひとりの意識の向上が重要である。なお、一定の総会決議に基づき、管理組合を法人化することも可能である。

>> 管理会社
>> 自主管理

【関連記事】
マンション管理組合と管理規約
マンションの役員は避けられる?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。