画面もボタンも無いPS Vita

PS Vita TVの図

これがゲーム機? というほど小さいPS Vita TV

先日、任天堂が海外向けに3D機能が無く折りたたみもできない代わりに価格が安くなった「ニンテンドー2DS(以下2DS)」を発表して大きな話題となりましたが、ソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)は2013年9月9日に開催したプレスカンファレンスで2DSに勝るとも劣らないユニークなハードを発表しました。その名もPS Vita TV、2013年11月14日発売予定です。

PS Vita TVのどこがユニークなのか。このハード、PS Vitaシリーズの新しいハードではあるんですが、なんと画面がありません。ボタンなどの入力インターフェースもありません。そしてものすごくちっちゃい。見た目は手のひらちょこんと乗るサイズのただの小さな白い箱です。

画面もボタンも無くてどうやってゲームを遊ぶんだ、という感じなんですが、PS Vita TVという名前にもある通り、テレビに接続して遊ぶPS Vitaなんです。その際にコントローラーはPlayStation3(以下PS3)のコントローラー、つまり「デュアルショック3」を使います。テレビに接続するんですから、携帯機としては使えません。

そしてもう1つ衝撃的なのがその値段。なんと、希望小売価格9,954円。1万円しないんです。PS Vita TVと同時に発表された新型PS Vitaが希望小売価格19,929円ですから、ほぼ半額。もちろんニンテンドー3DSよりも安いですし、なんなら2DSと比較してもさらに安い。

携帯ゲーム機として成立する要件を削ってしまうというまさかの発想で作られたハード、PS Vita TV。それだけに、誰にでもオススメできるハード、というわけではありません。という訳で今回は、PS Vitaはどんな人にオススメなのか、あるいは逆にオススメでない人はどういう人なのか、ご紹介してみたいと思いますので、購入の参考にしてみていただければと思います。

PS Vita TVとは?

PS4の図

PS4のリモートプレイにも対応。なかなか高機能ですね

まずは、PS Vita TVがどんなハードなのか、もう少しご紹介したいと思います。意外と勘違いをする人が多いので最初に申し上げておきたいのが、PS Vita TVは、PS Vitaの周辺機器ではないということです。

ボタンも画面も無いただの真っ白な箱で価格も安いため、PS Vitaをテレビに接続するための周辺機器だと勘違いする方がいるんですが、PS Vita TVはそれ単体でPS Vitaのゲームが起動できるゲームハードです。もちろん、PS Vitaのゲームソフトを本体に挿入して遊ぶことができます。PS Vitaを据え置きハードにした、とでも言うと分かりやすいかもしれません。

遊べるゲームは、PS Vitaのゲームソフトの他、オンラインからダウンロードすることでPSPのソフトも遊べますし、初代PlayStationやPCエンジンのソフトがダウンロード出来るゲームアーカイブスのソフトも利用できます。ただし、PS Vitaのソフトの中には、PS Vita TVに対応しているものと、PS VitaTVでは遊べないものがありますので注意が必要です。これについては後でもう少し詳しくご説明します。

また、ちょっと変わった使い方としては、PlayStation4(以下PS4)のリモートプレイにも対応予定。PS4が接続しているテレビと別のテレビにPS Vita TVが接続してあれば、ネットワークを介してPS Vita TVと繋がっているテレビでもPS4のゲームが遊べるようになります。

さらにはPS Vita TVはHuluやTSUTAYA TVなどのビデオオンデマンドサービスを使って映画やドラマ、アニメなどを試聴したりすることもできます。その他、音楽やカラオケ、インターネットブラウザなど、多彩な機能を持っています。

安いのに色々できるPS Vita TV、次はいよいよ、PS Vita TVを買ったほうがいい人と、買わない方がいい人について、お話していきたいと思います。