特典3:JALカードショッピングマイル・プレミアム

これまでは、「200円で1マイル付与の場合」と書いてきましたが、何もオプションを付けなければ還元率は0.5%と一般的なカードになります。しかし、JALカードには還元率を1%にアップする技があるのです。

カード年会費とは別に3000円(税抜)を支払い、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に加入しましょう。3000円(税抜)を支払うだけで、100円で1マイル付与の高還元率カードになります。普段の買い物はもちろん、公共料金や電話代の支払いでも100円につき1マイル付与されますので、年会費の3000円(税抜)を優に超えるおトクが得られます。ちなみに、CLUB-Aゴールドカード以上のグレード、学生専用のnaviカード、20代限定のJAL CLUB ESTは自動入会になります。

特典4:JALカード特約店でマイル2倍

JALカード特約店は全国に約4万2000店舗あります。これらを利用し、JALカードで決済すると、マイルが2倍貯まります。JALカードショッピングマイル・プレミアムの会員であれば、100円で2マイル付与されることになります。

特約店は実店舗に限りません。ネットショッピングにもあります。自分の生活圏内の特約店を探して、積極的に利用するようにしましょう。

特典5:JALカードツアープレミアムで割引航空券でも区間マイル100%ゲット

カード年会費に2000円(税抜)をプラスして「ツアープレミアム」に登録すると、対象割引運賃で搭乗したとしても、通常のフライトマイルに「ツアープレミアムボーナスマイル」が加算され、合計で区間マイルの100%マイルが貯まります。

例えば、先得割引で東京ホノルル間を利用すると、付与される通常フライトマイルは往復7662マイルになります。ダイナミックセイバー(予約クラスL/V/S)の割引運賃を利用すると、通常の50%の3831マイルしか付与されません。しかし、ツアープレミアムに入会していると、プラス50%の3831マイルが付与され、7662マイル(通常マイル相当分)を獲得できることになります。

上記特典以外にも、家族会員が獲得したマイルを合算できたり(家族プログラム)、付帯している保険が手厚かったりするのも、JALカードの魅力です。また、学生限定のnaviカードは、マイル有効期限が無期限に設定されていたり、naviカードならではのボーナスもあったりするので、飛行機を帰省などで利用する学生ならかなりおトクになるでしょう(naviカード特典)。

JALマイルを貯めるなら、やっぱりJALカードを持つべきです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。