同じ補償内容で比べれば、やっぱり安い保険会社に惹かれてしまうもの。そのまま契約するのもアリですが、例えばA社とB社に1万円の差があったとしたら、その理由を知りたくはないですか?見落としがちなポイントについて確認しましょう。

見積もり金額が出揃ったらまずは「人身傷害保険」をチェック

同居の家族がいるご家庭の場合、人身傷害補償が「車外や歩行中も補償」になっているとかなり心強いです。

同居の家族がいる家庭の場合、人身傷害補償が「車外や歩行中も補償」になっているとかなり心強いです

A社とB社で1万円以上の差がある場合、様々な要因が考えられますが、まず大きなポイントとなるのが「人身傷害保険」です。これはどこの会社でも最初から組み込まれていることが多い保険で、その内容は、過失割合に関わらず即座に保険金が受け取れるというものです。

会社によって大きく違うのは「契約車両に搭乗中のみ補償」か「契約車両に加え、他車に搭乗中、または歩行中も補償」という点。後者の場合、オールマイティな内容になり保険料も高くなります。この違いにより、同じ「人身傷害補償」という項目でも、保険料に差が生じるのです。

「一人暮らしだから補償は契約車両のみで」「家族が多いから、車外も」と選ぶことで、自分にとってお得な保険を選ぶことができます。

次に、ややマイナーな2つの保険にも注目

「無保険車傷害保険」「自損事故保険」という保険があります。あまり聞きなれませんが、対人賠償に付帯されるもので保険証券に記載されています。

「無保険車傷害保険」の場合、2億円が標準ですが、保険会社によっては「無制限」(高くなる)、「人身傷害保険にて補償」(高い安い両方の可能性あり)としているケースがあります。「自損事故保険」は1500万円が標準ですが、これも「人身傷害保険にて補償」というケースも。

いずれも、元になる人身傷害が1000万円という設定なら、一般的な保険金より低い設定ということに。このような場合だと、保険料が安くても本当に大丈夫か、確認が必要です。

保険会社の姿勢がわかるこんなポイントもチェック>>>